アレルギー性結膜炎に対する点眼治療

2018.02.26 コメントを投稿する

本日は白内障手術を16件行いました(多焦点1例、乱視用レンズ2例)

全て無事に終わりました。

アレルギー性結膜炎に対する点眼治療

今年はもう花粉が飛び始めていると、天気予報でやっていました。昨年花粉があまり多く飛ばなかったのですが、今年は例年並みだそうです。そのため、昨年大丈夫だった人でも今年は花粉症になるかもしれません。

既に当院でも花粉症の患者さんが来院し始めています。昨年治療を行った方に対して、「初期治療のススメ」ハガキを出したので、意識の高いアレルギー性結膜炎の方は既に点眼を処方していて点眼し始めています。花粉症は発症してしまうと苦しい思いをするので、その前にしっかり点眼を聞かせることで発症をなるべく抑えましょう、というものです。

一般的に使用する点眼は「パタノール」点眼液です。これは非常に効果が高いと評判の良い点眼です。副作用も無いことから、気軽に処方することが出来ます。

パタノールよりも効果が高いですよ、ということで発売されたのが「アレジオン」です。痒みの原因となるヒスタミンを抑える数値が高いとの事です。しかし、パタノールとアレジオンを両方処方して比較したことがないので、どちらが良く効くかという実際の評価は良く分かりません。良く効く薬なのですが、薬価がパタノールよりも高いのが難点です。そのため、保険の負担が無い人、もしくは1割負担の人だと処方しやすいです。

以上の点眼はほとんど副作用が無くて、使用しやすい点眼です。しかし、それでも痒くて大変と言う人には、ステロイドの点眼を処方します。数日であれば問題ないのですが、数週間使用してしまうと眼圧が上がる人がいます。他にも白内障などの副作用がありますが、基本的には長期間使用しなければ大丈夫です。この種の点眼は眼科医によって出す医師と出さない医師がいると思います。

ステロイドの中で一番効果が高いのが「リンデロン点眼・点耳・点鼻液0.1%」当院では同等の製品である「サンベタゾン0.1%」を使用しています。

花粉症で悩んでいる眼科医でこれを使っている人が結構多い印象です。それだけ良く効きます。ただ、上に書いたように時々眼圧を測ったほうが良いと思います。

私は現在の職場になってから、アレルギー性鼻炎と結膜炎には殆どならなくなりました。これは職場の中に空気清浄器があるからだと思っています。