両眼同時白内障手術の安全性

2017.12.07 コメントを投稿する

今週は白内障手術を16件行いました。(乱視用レンズ5件)

皆さん無事に手術を終えました。忙しくて先週ブログを更新できませんでした・・なるべく色々書きたいと思います。ちなみに先週は白内障手術15件行っていて、これも経過良好です。(うち多焦点2件)

両眼同時白内障手術の安全性

当院では開院時から両眼同時手術を行っていて、もう当たり前になっています。両眼に白内障があって、片眼ずつ手術する人は2ヶ月に1人くらいでしょうか。両眼手術はいいことづくめです。

患者さん:手術費用が安くなる

検査の回数が減る

通院回数が減る

当院としては、受診患者数がへるので若干の減益にはなるのですが、それでも患者さんに喜んでもらえるメリットの方が大きいと判断しています。安全性に関しては、もう術者次第なんでしょう。ただ、当院の手術件数は県内でもかなり多い方で、全く問題ないと判断しています。

もちろん、白内障にも難しい症例もあるので、そのような場合には両眼同時希望であっても、片眼ずつ手術を行います。

両眼白内障手術の安全性について調べる機会があったのですが、このような論文がありました。

Ophthalmology. 2017 Aug;124(8):1126-1135. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.03.034. Epub 2017 Apr 21.
Immediate Sequential vs. Delayed Sequential Bilateral Cataract Surgery: Retrospective Comparison of Postoperative Visual Outcomes. Herrinton LJ1, Liu L1, Alexeeff S1, Carolan J2, Shorstein NH3.

という英語の論文です。とても権威のある眼科の論文雑誌です。両目に白内障があったときに、同時に手術するのと、片目ずつ手術するのとどっちが安全でしょう?というのを調べた論文です。1万人以上の患者さんで調べました。

合併症は片目ずつ手術した方が、両目同時よりも少し多かった

視力が1.0以上出た割合は、両目同時手術の方が良かった

ピントが上手く合う割合も両目同時手術の方が良かった

感染症(眼内炎)は両眼同時手術で1万494眼中1眼、片眼ずつで3万8736眼中2眼。両眼ともの眼内炎は無かった

ということでした。当院でも同じような印象です。患者さんの利益になることはどんどんやっていきたいと思います。

別件ですが、当院のブログは「眼科 ブログ」で検索すると2番目に出るようです。そこそこみんなの役に立っているのかも知れません。