平成29年の治療実績

2017.12.28 2 コメント

平成29年の治療実績をまとめました。

手術件数自体は昨年とほぼ同じですが、申し込み件数自体は昨年よりも増えています。

その分、手術までの待ちが2か月程度に伸びてしまいました。極力1か月程度で手術ができるよう、手術枠を増やして対応したいと思います。一部の方は木曜日に手術をさせていただくことになります。よろしくお願いします。

OA-2000やCASIAなど、最新の機械を積極的に導入して、なるべく質の高い白内障手術を行うようにしたいと思います。今まで多焦点レンズの使用は消極的でしたが、新しく開発された多焦点眼内レンズは大変評判が良いです。今後適応の方にはご案内したいと思います。

来年は涙器に対する治療を充実させたいと思います。もりや眼科に来院される方が、現在の最も進んだ眼科医療を受けられるよう、精進したいと思います。

 

もりや眼科 平成29年 治療実績

(H29年1月~H29年12月)

 

・観血的手術 合計 839 眼

 ・白内障手術  683 件 (うち多焦点眼内レンズ7件)

 ・ICL手術(近視矯正手術) 10件

 ・網膜硝子体手術 88 件

 ・緑内障手術   19件

 ・翼状片手術   9件

 ・眼瞼下垂手術   26件

 ・眼瞼内反症手術  4件

 

・涙器に対する外科的治療 合計 34眼

・涙点プラグ挿入術 33件(ドライアイに対する治療)

・鼻涙管チューブ挿入術 1件(流涙症に対する治療)

 

・ボトックス治療(眼瞼痙攣治療) 合計 26眼

 

・抗VEGF薬 硝子体注射 合計 194眼

 糖尿病黄斑浮腫・加齢黄斑変性症・網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、強度近視による脈絡膜新生血管に対する注射

 (アバスチン、アイリーア、ルセンティス)