ICLの手術の様子

2018.03.19

本日は白内障手術16件、翼状片手術1件を行いました。(うち乱視用レンズ3件)

皆さん無事に手術を終えました。

3月8日は、岩崎先生の涙道外来がありましたが、この日は6件の涙道内視鏡を行いました。半日で外来も相当数こなして、この件数なので驚きです。反響が大きくてなかなか予約が入らなくて申し訳ありません。

ICLの手術の様子

最近当院ではICLの手術の申し込みが増えています。私のように、ICLで快適ライフを送れる人が増えたら嬉しいです。

手術自体は難しいものでは無くて、むしろ術前検査をしっかり行うのが重要だったりします。

まず、約3ミリの傷をつけます。あと、1ミリの小さい傷も別につけます。

金属製の細い管から、ゼリーのような物質(粘弾性物質)を入れます。これで目がぺちゃんこになりません。

インジェクターという専用の道具を用いて、レンズを眼内に入れます。折りたたまれたレンズが見えます。

眼内に入ったレンズは、すぐに広がります。でも、レンズは虹彩の上にあるので、レンズの足を虹彩の下に入れる必要があります。

先の丸い棒を用いて、レンズを虹彩のしたに入れます。左下の足はもう虹彩の奥に入っていて、これから右下の足を入れるところです。4か所とも虹彩の奥に入れます。

ゼリーを吸い取って、瞳孔を縮める薬を使って手術が終わりです。

今回の手術は6分でした。丁寧にやっているのでだいぶゆっくりですが、それでもこれくらいで終わります。通常4-10分くらいでしょうか。