検査・設備

検査・設備
もりや眼科 > 検査・設備

手術設備

  • 手術室
  • 手術室
  • 手術室

手術室はクリーンルームで、ご家族の見学も可能です。

院内設備

検査設備

最新の医療器械の導入により、短時間で高い治療効果を発揮します。

オートレフケラトメーター(TOMEY社 RC-5000)

近視・遠視・乱視の度合いを調べます。
白内障手術の前に、角膜の形状を測定するために用います。
以前の機種と比較して、測定時間が短く、精度が高くなっています。

オートレフケラトメーター(TOMEY社 RC-5000)

ノンコンタクトトノメーター(TOMEY社 FT-1000)

目に空気を吹きかけて、目の硬さを測ります。緑内障では毎回眼圧測定が必要になります。

ノンコンタクトトノメーター(TOMEY社 FT-1000)

視力表(TOMEY社 SC-1000)

当院では多くの患者さんに対応できるよう視力表を3機導入しています。

視力表(TOMEY社 SC-1000)

OCT(NIDEK社 RS-3000 Lite)

光を用いて網膜の状態を3次元的に解析する器械です。
網膜の疾患や緑内障の状態を検査できます。
最大53000A-scans/secの高速スキャンにより、短時間で高精細画像を得ることができます。

OCT(NIDEK社 RS-3000 Lite)

OCTで撮影した網膜の断面図です。
2-3年前と比較してもかなり綺麗な網膜断層像が得られるようになりました。

OCT(NIDEK社 RS-3000 Lite)

このOCTでは視神経周囲の網膜の厚みを調べることができます。
これにより緑内障の状態をより詳しく知ることができます。

OCT(NIDEK社 RS-3000 Lite)

光眼軸長測定装置(TOMEY社 OA-1000)

白内障手術の前に行う検査です。
目の大きさを調べることで、白内障手術で用いる人工レンズの度数を決定します。
白内障手術の結果を左右する重要な検査です。5秒間で10回連続でデータを取ることができます。
以前の機種と比較して検査時間が短くなったため患者の負担が少なく、検査精度が高くなりました。

光眼軸長測定装置(TOMEY社 OA-1000)

超音波眼軸長測定装置(TOMEY社 AL-4000)

白内障があまりに強く、光眼軸長測定装置では計測できない場合はこの器械を使用します。
光眼軸長測定装置よりも検査に時間がかかりますが、成熟白内障でも検査が可能です。

超音波眼軸長測定装置(TOMEY社 AL-4000)

静的・動的視野計(HAAG-STREIT社 OCTOPUS 900)

見える広さ=視野を計測する器械です。
緑内障、視神経疾患、頭蓋内疾患(脳梗塞・脳腫瘍)による視野障害を検査することができます。
特に緑内障では定期的な視野検査が必要です。

静的・動的視野計(HAAG-STREIT社 OCTOPUS 900)

眼底レーザー(TOMEY社 ソリッドステートレーザー)

網膜に対してレーザー治療を行います。
進行性の糖尿病網膜症の活動性を抑え、網膜剥離を予防するために使用します。

眼底レーザー(TOMEY社 ソリッドステートレーザー)

眼底カメラ(KOWA社 VX-20)

通常の眼底写真に加えて、フルオレセインを用いた眼底造影検査を行うことができます。
糖尿病網膜症や加齢黄斑変性の状態を評価するために行います。

眼底レーザー(TOMEY社 ソリッドステートレーザー)

SLTレーザー、YAGレーザー(ELLEX社製、tango)

選択的レーザー線維柱帯形成術(selective laser trabeculoplasty 略してSLT)とは特殊なレーザーで、眼内の水の流出路である線維柱帯で水の流出の抵抗となっている色素細胞をレーザーでつぶして減らし、房水の流出を助け、眼圧を下げる最新の方法です。

緑内障の治療は従来点眼か切る手術でしたが、新しい画期的なレーザーによる治療法が加わりました。
手術とは異なり、外来での治療が可能です。
治療後すぐに普通の生活が可能です。
SLTによって、使用する緑内障点眼薬の数が減ることも期待できます。
YAGレーザーは、白内障術後に生じる後発白内障を治療するレーザーです。
後発白内障は一度治療すると、2度と生じることはありません。

SLTレーザー、YAGレーザー(ELLEX社製、tango)