日帰り/入院 白内障手術

日帰り/入院 白内障手術
もりや眼科 > 手術のご案内 > 日帰り/入院 白内障手術

白内障とは

水晶体が濁って視力が低下することです。

水晶体の濁りは若いうちから徐々に起こり、年をとるごとに進行します。
そして、視力が下がると手術で治療します。

症状

  • 視力の低下(ぼやけ・かすみ)
  • 眩しさ
    ※水晶体のにごり方によっては眩しく感じることもあります。

原因

  • 老化による生理現象
    ※多くの場合これにあたります。
  • 糖尿病
  • アトピー性皮膚炎

水晶体が濁ると光が網膜に届かず、正しい像が網膜に結べなくなるなどの障害が起こります。

治療

  • 点眼薬
    白内障を治す効果はありません。進行をおさえる効果はありますが、点眼しても白内障は進行します。
  • 手術
    濁った水晶体を取り除いた後に眼内レンズを挿入します。

白内障手術概要

手術時間10分程度

痛みほとんどありません

当院の白内障手術の特徴

当院では最新の設備で短時間の手術を行ないます。

目の負担が少ないため、手術後はやい時間から視力が回復します。
手術室はクリーンルームで、ご家族の見学も可能です。
個人病院ならではのきめ細やかな対応と、大学病院や総合病院眼科にもひけをとらない最高水準の医療設備により、人に優しく安全で高品質な医療を提供します。

両眼同時手術で家族の負担も少なくて済みます。
(手術当日は少しぼんやりなので、転倒しないように注意してください。透明なゴーグルを装用していただきます。)
ご希望により、片目ずつの手術も可能です。

入院も可能なので、ご家族の負担を減らすことができます(月曜入院、週末退院になります)

自動車免許更新などで早めの手術が必要な方について、できる限り間に合うように手術を行います。
ただし、検査の内容・眼内レンズの取り寄せ、当院での手術予約状況などによりご希望に添えない場合もあります。

白内障手術『当日』の流れ

  • 指定された時間に来院し、受付をします。

  • 手術に必要な、瞳を開く目薬や麻酔の目薬を差します。
    以後、手術まで何度か点眼します。

  • 手術準備室に入り、患者衣をはおります。

  • 左右間違い防止のため手術する目にシールを貼り手術室に入ります。

  • 手術室入り口の粘着マットで足底のホコリをとります。

  • 手術イスに腰掛けます。

  • 手術イスが自動的に倒れ横になります。

  • 顔を少し傾け、まぶたを消毒した後で眼球も消毒します。
    ※術後感染予防のためにとても重要です。

  • 手術用顕微鏡が入ってくると、まぶしくなります。
    まぶしい光の真ん中を眺めていてください。
    手術中痛みを感じることはほとんどありませんが、もし痛むときには麻酔を追加しますのでおっしゃってください。
  • 手術が終わると、顔の上にのせた布を外します。
    布は粘着テープで目の周りにしっかりくっついています。
    布をはがすときに目をギュッと閉じると、手術の傷口が開いてしまうことがありますので、両目とも軽くあけていてください。
  • 手術イスが自動で起き上がりましたら、手術室を出ます。
  • 手術後は保護ゴーグルをかけ、手術準備室で休んでいただきます。
    抗菌の目薬をさし、痛みがないか確認します。

  • 体調が落ち着きましたら待合室に移動し会計をすませます。
  • スタッフから術後の注意説明を受けます。
    処方箋がでますので、薬局で点眼薬と引き換えてください。
    ※術後の目薬は非常に重要になります。忘れずに点眼してください。

眼内レンズの種類

当院では、保険適応の単焦点レンズ、乱視用レンズとともに、自由診療である多焦点レンズも取り扱っております。

眼内レンズの種類は?
  単焦点 多焦点
眼内レンズ
ピント ピントが合う距離が1つ ピントが合う距離が複数
見える範囲 狭い 手元から遠くまでの
ある一点のみよく見える
広い 手元から遠くまで見える
見える質 良い ピントが合う1点はとても良い おおむね良い ピントが少しあまい
乱視の影響は?
乱視の影響 多い 少ない
見える質
悪い すっきり見えない 良い すっきり見える

乱視の強い方は・・・
当院基準で乱視用眼内レンズを使用しています。
(乱視がすべてなくなるわけではありません)

乱視の弱い方は・・・
術後乱視が少なくなるように強主経線切開による白内障手術を行っております。
(乱視がすべてなくなるわけではありません)