その他手術

その他手術
もりや眼科 > 手術のご案内 > その他手術

緑内障 糖尿病網膜症

緑内障とは

視界が部分的に欠けたり、狭くなる病気です。

進行性の病気で両目共に起こり、自覚症状がないことが特徴です。

原因

目の中では房水といわれる液体が絶えず産生されており、房水はつくり出された分だけ、シュレム管という排水口を通じて眼球の外に排出されます。しかし、シュレム管の排出能力が落ちると、逃げ場を失った房水は目の中にとどまり続け、その結果、目の内部にかかる圧力(眼圧)が上昇します。必要以上に高い眼圧は、目の神経を圧迫して、視機能にダメージを与えてしまいます。しかし、眼圧が正常でも視神経がその圧力に耐えられなくて障害が起こる場合もあります。

眼圧と房水について

眼圧は「房水」という液体によって保たれています。
房水が眼内を循環することで、ほぼ一定の圧力が眼内に発生し眼球の形状が保たれます。

眼圧は房水の生産量と流出量のバランスが崩れると眼圧が高くなるなどの変動が生じます。

眼圧が大きく変化した場合

眼の大きさや形が変化する

網膜にピンとが合わなくなる

視力低下・視野障害が起こる

治療

一度障害を受けた視神経は元には戻らないため、緑内障を完治させることはできません。したがって、緑内障の治療は、視神経がダメージを受けてこれ以上視野が狭くならないように、眼圧を下げることが基本となります。

薬剤治療

点眼薬で眼圧を下げる治療が一般的です。
点眼薬1種類で治療をはじめ、効果が十分でなければ、点眼薬を変更したり、作用の違うお薬を追加して2~3種類組み合わせたりします。

レーザー治療

点眼治療で眼圧が下がらない場合に行います。

虹彩切開術
  • 虹彩に孔を開けて、房水の流れを変えます。
  • 隅角(目の中のスペース)が小さい人に行います。
線維柱帯形成術
  • 線維柱帯に照射して、房水の排出を促進します。

手術

2つの治療で改善されない場合に行います。

線維柱帯切除術網膜の下に通路を作り房水を排出し、眼圧を下げます。
線維柱帯切開術線維柱帯を切開することで房水の出を良くします。

糖尿病網膜症とは

糖尿病が原因で、網膜に障害が起きる病気です。

糖尿病の3大合併症のひとつです。視力低下、時に失明に至る場合もあります。

  • 糖尿病網膜症により年間3000人が失明しています。
  • 初期の段階では自覚症状はありません。
  • 自覚症状が出たときはかなり重症になっています。定期的な受診を心がけましょう。

原因

糖尿病になると、血液中の糖分(血糖値)が高くなり、血液はドロドロで固まりやすくなります。網膜には、目に酸素を運ぶための毛細血管が走っており、高血糖によって網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて眼底出血したりします。こうして血液の流れが悪くなり網膜に酸素や栄養素が不足すると、それを補うために弱く新しい血管(新生血管)が出てきます。新生血管は簡単に破裂や出血をするため、ついに硝子体出血や硝子体牽引、さらに網膜剥離へと進み、失明に至ります。

進行の分類

単純網膜症

自覚症状なし

内科的な血糖コントロールを行い経過を観察しながら進行を防ぎます。

前増殖網膜症

自覚症状が無い場合あり

毛細血管が詰まるために酸素や栄養が不足します。
不足を補うため、新生血管を作る準備が始まります。
レーザー治療を適宜行う必要があります。

増殖網膜症

視力低下・失明の危険

多発した新生血管によって硝子体出血が生じたり、増殖膜によって網膜剥離が生じます。
レーザー治療を行ったり、時には手術が必要になることもあります。

治療

初期段階では、血糖コントロールを上手に保てば自然に軽快します。しかし、それ以上に症状が進んでしまった場合には、レーザー光凝固術、硝子体手術といった外科的治療が必要になります。

レーザー光凝固術

レーザー光凝固術は主に網膜の酸素不足を解消し、新生血管の発生を予防したり、すでに出現してしまった新生血管を減らしたりすることを目的として行います。

  • 外来通院での治療が可能
  • 1回の治療時間は10〜15分程度
  • 概ね3〜4回に分けて治療

外来通院で治療でき、点眼麻酔をしてから、1回15分程度、まぶしい感じはしますが、ひどい痛みはなく、安全に行えます。症状が進んだ場合は3、4回に分けて行います。

硝子体手術

硝子体手術について