眼瞼下垂症手術

眼瞼下垂症手術
もりや眼科 > 手術のご案内 > 眼瞼下垂症手術

眼瞼(がんけん)下垂症とは

まぶたを上げる筋肉がゆるんで弱くなり、まぶたが下がって眼が開けにくくなってしまう状態を言います。
視界が狭くなるためモノを見ようと無意識に額にしわをよせたり、あごを突き出したりするために目の疲れや痛み、肩こり、頭痛などの原因になります。

眼瞼下垂症イメージ
手術前
眼瞼下垂症イメージ
手術後

症状

  • 眼が開けにくい
  • 上方の視野が欠けて見辛い
  • 肩こり/頭痛
  • 目を開けると額にしわが出来やすい
  • 上まぶたが窪んでいる

原因

  • 加齢によるまぶたの筋肉の衰え
  • 先天性
  • 外傷
  • 目の手術の合併症
  • ハードコンタクトレンズの長期装用

治療

主な治療法は手術です。症状の状態によって治療方法が異なります。

  • まぶたを挙げる力が少しでも残っている場合は、弛んでいる筋肉を縫い縮めて本来の機能を回復させ、まぶたを挙げる方法をとります。
  • 老化により皮膚が垂れ下がっている場合は、余分な皮膚を切除し縫合するだけの方法をとります。

眼瞼下垂症手術概要

手術時間片目約20分

痛みほとんどありません。

※眼瞼下垂症手術は美容を目的とするものではありません。

  • まぶたの周りに局所麻酔を行います。

    眼瞼下垂01
  • まぶたのラインに沿って、皮膚切開を行います。

    眼瞼下垂02
  • 瞼板に付着している眼瞼挙筋腱膜を探し出します。
    眼瞼挙筋腱膜を短縮して瞼板に縫いつけます。

    眼瞼下垂03
  • 左右のバランスを確認しながら手術を行います。
    丁寧に皮膚縫合して手術を終了します。

    眼瞼下垂04