目の病気

目の病気
もりや眼科 > 目の病気

飛蚊(ひぶん)症とは

視界に蚊や糸くずのようなものが見えることです。

飛蚊症は主に眼球内部を満たす硝子体のにごりによって起こります。

原因

原因は主に加齢よるものです。

心配ないもの 硝子体の正常な構造物(細胞や線維)
後部硝子体剥離
病気の症状として起きるもの 網膜裂孔・網膜剥離
網膜の血管の病気
ぶどう膜炎
眼球の感染症 など

治療

網膜剥離が起きてしまっている場合は硝子体手術が必要になります。

硝子体手術について

アレルギー性結膜炎とは

アレルギー性結膜炎は花粉やハウスダスト等の原因物質(アレルゲン)によって引き起こされます。

症状

  • 目やまぶた、まぶたの縁がかゆくなります。
  • 目をこすったり、掻いたりするとしだいに痛みが加わって目がゴロゴロした感じになり、涙が出ます。
  • 白目が充血し、まぶたが腫れてきます。
  • 糸を引くような白い目やにが出ます。さらに悪化すると白目がゼリー状に腫れてきます。

治療

主に、抗アレルギー剤やステロイド(副腎皮質ホルモン剤)の点眼が行われます。

ドライアイとは

涙の量が少なくなったり、成分が変化する事により、眼球の表面が乾燥し、傷や障害が生じる病気です。

涙は大きくわけて2つあります。

  • 常時目の表面を覆っている基礎的な涙
  • 刺激によって流れ出る反射性の涙

※このうち、基礎的な涙が減るとドライアイになります。

症状

  • 1.目が乾く、ゴロゴロする

    目の表面の水分が不足しています。

  • 2.物が見えにくい

    目の表面を覆う水分の膜が破綻すると視力低下します。

  • 3.涙がよく出る

    目が刺激を受けやすい状態になり、反射性の涙がでます。

流行性角結膜炎とは

急性結膜炎の一種。感染力のつよいアデノウィルスが原因で、人にうつる目の病気。別名「はやり目」ともいわれます。

症状

  • 目の充血
  • 目やにや涙がでる
  • 目のかゆみ
  • 目の違和感

治療

ウイルスに対する特効薬は無く、ウィルスへの抵抗力をつけることがいちばんの治療。
十分な休養をとって体力をつけましょう。

注意点

はやり目は人にうつる病気なので、感染予防を心がけましょう。

  • 手をよく洗う
  • 人混みへは出かけない
  • タオルは家族のものとわける
  • 学校やプールは医師の許可があるまで休む