もりや眼科ブログ

森谷充雄の眼科ブログ
もりや眼科 > 森谷充雄の眼科ブログ

ブログ内容について、ご質問の書き込みをされる方へ

時々「私の場合はどうでしょう?」と書き込みをする方がいらっしゃいます。ある程度詳細にデータを記載していただいている場合もありますが、 診察しないと正確にお答えできません。データの正確性も不明です。そのため、個別の医療相談についてはお答えできない場合が多いと思います。ご了承ください。

近くにピントを合わせたときの遠くの見え方

2018.07.12 コメントを投稿する

今週は白内障手術を12件

ICL手術を2件行いました。

皆さん無事に手術を終えました。最近とても忙しくてブログの更新がおろそかになっていました。出来る範囲で更新していきたいと思います。

ICLの人は翌日から裸眼視力が1.5出ていて、経過良好でした。ICLの手術は両目を行っても手術室に入ってから出るまで20分もかからないのですが、術後結構疲れる人が白内障手術よりも多い印象です。手術件数が多くなってきたのでとっても手際よく手術をしていると思うのですが。

近くにピントを合わせたときの遠くの見え方

最近このブログで質問があったり、患者さんに聞かれることが多くなってきたのがこの質問。

通常遠くを見るときはレンズの度数を0に合わせて、手元50センチを見るときはレンズの度数を-2位に合わせます。ピントが合わない部分は眼鏡を掛けることになります。

以前合った質問では、-1(遠くと近くの中間)に合わせたら、近くも遠くもそこそこ見えるのでは?というものです。これは人によって異なり、手術をしてみないと分かりません。可能性として高いのは、近く用と遠く用の両方の眼鏡が必要になることです。運が良ければ、遠くの視力が出ることもあるのですが、それに期待して手術をすると期待より見えにくくてがっかりするかもしれません。少なくとも、運転する時には視力が0.7以上必要なのですが、これに達しない可能性が高いと思います。

一方で、先週手術した人は-2に合わせたのに裸眼視力で遠くが良く見えて、普段あまり眼鏡が要らなくなったと言って喜んでいました。ただ、これは全員には当てはまらないので注意が必要です。アンケートを見て、私もとても嬉しくなりました。

ピントが外れたときのぼやけ方は個人差がとても多いです。そのため、遠くにピントを合わせたときには近くは眼鏡が必要で、近くにピントを合わせたときには遠くは眼鏡が必要と思っていた方が良いと思います。


平成30年年6月の治療実績

2018.07.03 コメントを投稿する

もりや眼科 平成30年6月の手術実績

 白内障手術  72件(うち多焦点眼内レンズ4件)

硝子体手術 6件

ICL手術(近視矯正手術)6件

緑内障手術(繊維柱体切除術) 1件

眼瞼下垂手術 4件

涙道内視鏡を使用した涙管チューブ挿入術 5件

後発白内障に対するレーザー治療 20件

閉塞隅角緑内障に対する虹彩レーザー切開術 2件

SLTレーザーによる緑内障手術 1件

霰粒腫切開術 2件

ボトックスによる眼瞼痙攣治療 1件

翼状片切除術 2件

網膜光凝固術 2件

涙点プラグ挿入術 2件

 


ICL術後経過

2018.06.20 5 コメント

本日は白内障手術を12件行いました。(乱視用レンズ1件、多焦点レンズ1件)

無事に手術を終えました。

ICL術後経過

今月ICL手術を行った方から、お手紙を頂きました。名前を消して公開して良いという許可を頂いたので、掲載させていただきます。手術を行う側としては、患者さんが感じたことをなるべく多く知りたいと思っています。術後視力がいくつからいくつまで増えた、というデータは比較的簡単に手に入るのですが、患者さんがどう感じたかは言っていただかないと分かりません。今後の診療の参考にしたいと思います。

術前視力

RV = 0.01(1.2p×S -8.00D) 
LV = 0.01(1.5×S -7.25D) 

両眼ともに、眼鏡なしだと0.01でした。近視の程度も強いです。

 

術後視力

RV = 1.5×ICL
LV = 1.5×ICL

眼鏡なしで両眼とも1.5の視力がでています。


HOYA 暗所視支援メガネ MW10

2018.06.11 2 コメント

本日は白内障手術を13件行いました。(乱視用レンズ3件)

緊張の強い方もいましたが、特に問題なく手術が終わりました。

HOYA 暗所視支援メガネ MW10

網膜色素変性症という病気になると、カメラでいうフィルムの性能が落ちます。明るい光を暗く感じてしまうのです。そのため、夜間暗いところでは殆ど見えないようです。

このような病気の方に対しての、視機能を補助する製品になります。暗い部屋でも明るく見えます。今回当院で試験的に1台導入してみました。栃木県内では当院が初めてのようです。

暗所視支援眼鏡

実際にかけてみたのですが、部屋を真っ暗にしても結構鮮やかに見えました。色合いも、きちんと再現されているのです。これなら患者さんは喜んでくれるに違いない、、と思い、2名の網膜色素変性症の方に試してもらいました。

試した方がややお年を召した方だということもあるのですが、眼鏡の重さが気になるようでした。また、部屋を明るくしているので、この眼鏡がなくてもあまり問題ないとのこと。難しいですね。

今後いろんな方に試してもらおうと思います。視機能の低下に悩んでいる人の一助になればと思いました。

 

 


今回は手術件数のみです

2018.06.05 3 コメント

本日は白内障手術を13件行いました。皆さん無事に手術を終えました。

より良いクリニックにするべく、現在保健所と色々交渉しています。資料作成のため、本日はブログお休みです。

本当は、暗所支援メガネ MW10を購入したので、その話をしたかったのですが・・。

良い結果がでて皆さんにお話しできるよう頑張ります。


1 / 6912345...最後 »