平成28年の治療実績

2017.01.20

平成28年の治療実績をまとめました。

昨年よりも、さらに手術件数が増えました。硝子体手術もかなり多くの件数をこなしています。

それに比例して、スタッフや医師の人数が増えました。

眼科検査のスペシャリストであるORTが4人体制になります。こんなにORTが多い眼科はそう多くないと思います。

また、看護師も4人になりました。硝子体注射は必要であれば原則その場で行いますが、看護師が手際よく準備してくれるお陰で可能になります。

医師も、東京から招聘しており、時々2診体制になりました。4月からはほとんどの平日で2診になります。

理想の眼科にすべく、まい進したいと思います。

 

もりや眼科 平成28年 治療実績

(H27年1月~H27年12月)

 

・観血的手術 合計 850眼

 ・白内障手術  705 件

 ・網膜硝子体手術  91 件

 ・緑内障手術    9 件

 ・翼状片手術   16 件

 ・眼瞼下垂手術  24 件

 ・眼瞼内反症手術 5 件

 

・涙器に対する外科的治療 合計 50眼

・涙点プラグ挿入術 48件(ドライアイに対する治療)

・鼻涙管チューブ挿入術 2件(流涙症に対する治療)

 

・ボトックス治療(眼瞼痙攣治療) 合計 21眼

 

・抗VEGF薬 硝子体注射 合計 137眼

 糖尿病黄斑浮腫・加齢黄斑変性症・網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、強度近視による脈絡膜新生血管に対する注射

 (アバスチン、アイリーア、ルセンティス)