糖尿病網膜症の健診は大事

2018.10.22

本日は白内障手術12件と

ICL手術(近視矯正手術)2名4眼を行いました。みなさん無事に手術を終えました。明日の視力検査が楽しみです。

昨日は新小山市民病院で白内障の講演会を行いました。単調になりやすい話をいかにして楽しく効いてもらうか、色々工夫をしました。50人くらい集まって思ったよりも盛況でしたが、恐らく来場者は楽しんでもらえたかなと思います。手術費用の話しはなかなか聞くことが無いと思うのですが、折角手術を受けるならお得に受けてほしいと思います。当院はあまり広くないのでこういった講演会をするスペースが小さいのですが、今後は定期的に行いたいと考えています。

糖尿病網膜症の健診は大事

先月、当院で「見えにくくなった」と言って50代の方が来院されました。1か月前に健診で引っかかって「眼科に行くように」と言われて、それでもすぐには眼科を受診しなかったようです。

実はこの方は6年前に当院を受診していて、その時は眼底はきれいでした。それなのに、今回は下の写真のように・・・

網膜症がかなり活発になっていました。特に、黄斑という大事な部分が傷んでしまっていて、矯正視力(眼鏡をかけた視力)が0.3しか出ていませんでした。

OCTで黄斑の断面図を見ると、むくみが生じていました。

今月硝子体手術を行って、浮腫はやや改善しています。何とか失明を食い止められたら良いのですが。

内科のチェックや、眼科のチェックが2012年から今までの間のどこかで出来ていればこんなことにはならなかったと思うのですが、、もったいないです。1か月前の健康診断で指摘されてからすぐに当院に来ていたら、もう少し視力が温存出来ていたかもしれません。