緑内障点眼薬について(プロスタグランジン系点眼薬)

2012.07.27

今週末は小山花火大会があります。かなり盛り上がるようで、小山市内が人だかりになるようです。
前夜祭である土曜日もかなり盛り上がると聞きましたが、院外がどれだけ賑やかになるか、気になります。
今回からは緑内障の薬についてです。自分のつけている薬がどれなのか、どのような効果・副作用があるのかを知って欲しいと思います。

緑内障点眼薬について(プロスタグランジン系点眼薬)

 

緑内障になって、初めて点眼薬を処方されるとき、プロスタグランジン系の目薬(PG薬)を処方されることが多いと思います。「プロスタグランジン系」なんて専門用語が出てくるととっつきにくい感じがあるとは思いますが、緑内障治療で大事な用語なので、覚えていただきたいところです。

 

主な薬としては、タプロス、ルミガン、トラバタンズ、キサラタンがあります。

 

タプロスルミガントラバタンズキサラタン

 

プロスタグランジン系点眼薬の特徴

 

プロスタグランジン系点眼薬は、目の中の水(房水)が出やすくなる薬です。下の矢印の部分から水が出ていきます。

 

27

 

 

1日1回の点眼

  1日1回の緑内障点眼薬は現在のところこれだけです。他の緑内障点眼薬は12-3回点眼しますが、意外と大変です。特に、3回点眼の場合、日中外に出かける