視野検査結果の読み方(初級編)

2012.08.30

もりや眼科を開業して2ヶ月が経とうとしています。
本日は時間外の患者さんも来院されて、診察しました。私一人ですのでいつでも診察できるというわけではありませんが、極力対応して地域の方の役に立ちたいと思います。

視野検査結果の読み方(初級編) 


視野検査の結果をもらえる眼科は少ないと思います。また、実際にこの紙を貰っても、どういう風に読んで良いか分からないと思います。緑内障の治療を患者さんと一緒に行いたいという思いがあるので、当院では希望の方には視野検査の結果を解説つきでお渡ししております。


視野検査の読み方

視野検査の結果は、このような紙で出てきます。ざっと見ても、情報量が多すぎるし、何を言ってるか分からないと思います。


1 氏名、検査日、左右を確認


1 左右確認1

結果の左上に氏名、検査日、左右が書いてあります(ここでは氏名は消してあります)左右どちらの目のデータかを確認してください。


2 グレースケール1
視野検査の機種によって様々ですが、カラーもしくはモノクロで網膜の感度が表示されます。
赤矢印の部分は以前お話した「マリオット盲点」という、もともと見えない部分です。
年齢と比較して、よく見えていれば白色、見えなければ黒色になります。この結果の場合、右目で見たときに右下の方がやや見えにくい、ということになります。


3 MD1

緑内障の患者さんを長期間診療していると、「この人が悪くなっているのかどうか」ということを判断しなくてはなりません。その時役に立つのが「MD」という数字です。この数字が増えていれば「緑内障が進行している」、同じくらいであれば「緑内障はあまり進行していない」と言えるかもしれません。

一般的に、緑内障の場合、MD値が6以下で軽度、6-12で中程度、12以上で重度と判断します。
小山市 結城市 筑西市 栃木市 下野市 古河市 栃木市 白内障手術 緑内障手術 もりや眼科