もりや眼科ブログ

森谷充雄の眼科ブログ

月別 アーカイブ: 2013年8月

アトロピン点眼治療の様子

2013.08.26

本日は白内障手術8件
眼瞼内反症手術1件
翼状片手術1件
すべて無事に終わりました。

アトロピン点眼治療の様子

 

4月からアトロピン点眼治療を開始して、2人だけですが再診しました。

まだ開始して3か月ですが、全く近視は進行しておらず、眼軸長も全く伸びていませんでした。今後もっと人数と期間が増えてくれば、アトロピンの作用がはっきり分かるようになると思います。

 

気になっていた副作用については、まったくありませんでした。文献によると、0.01%では殆ど散瞳しないということでしたが、その通りでした。また、調節力が落ちて不自由を感じている方もいませんでした。アレルギー性結膜炎の副作用が最も頻度が高いようですが、その訴えも現在のところありません。

 

簡単ですが、当院で行っている治療の根拠となっている論文を紹介します。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21963266

アトロピン0.5%、0.1%、0.01%の安全性と有効性を検討した論文です。オフサルモロジーという雑誌は、眼科の中でも権威ある雑誌です。

 

この論文では、400人の子供(6-12歳)を2年間にわたって調査しています。

2年間での近視進行度ですが、-0.3D (0.5%) -0.38D(0.1)  -0.49D (0.01%)ということでした。以前の論文で、-1.2D(アトロピン点眼なし)-0.28D(1%)だったようです。0.01%だと、高濃度アトロピンより効果が落ちる感じがしますが、点眼していない時と比較すると微々たる違いなのが分かります。

 

2年間での眼軸長の変化は、0.27mm(0.5%)  0.28mm(0.1)  0.41mm(0.01%)でした。基本的には眼軸(眼の奥行の長さ)が長くなると近視が進みます。これも、0.01%で効果が低い(眼軸長が伸びている)感じがしますが、これもわずかな差でしかないようです。

 

0.01%アトロピンの魅力は、副作用の少なさです。他の濃度ではアレルギー性結膜炎が生じたようですが、0.01%では生じなかったようです。

 


オルソケラトロジーを試した方の経過

2013.08.20

本日は白内障手術8件行いました。(乱視用眼内レンズ1件)
皆さん無事に終わりました。

オルソケラトロジーを試した方の経過


当院では、オルソケラトロジーという特殊コンタクトレンズを扱っています。今回は、これを初めて試した人がどのようだったかを書こうと思います。

オルソケラトロジーの詳細は当院ホームページを参照してください。
https:/moriyaganka.com/myopia/#orthokeratology 


 


まず、オルソケラトロジー専用問診票に記入します。

monnsinnhyou
1-1で既往歴について書いていただいてます。オルソケラトロジーは、角膜の病気があると適応外になります。当院では、今までにドライアイがとても強くてオルソケラトロジーが使用できなかった方がいらっしゃいました。

また、現在までにコンタクトレンズの経験があるかどうかもとても大事です。オルソケラトロジーはハードコンタクトレンズですので、装用すると結構な異物感があります。特に、コンタクトの経験が無い方は、オルソケラトロジーを断念することもあるくらいです。1週間も装用しているとだんだん慣れてきます。

睡眠時間も結構大事です。寝ている間に装用するコンタクトレンズですから、装用時間が短いことになってしまいます。装用時間が短いと、近視矯正効果が十分に出ないこともあります。たまに、睡眠時間が4時間という方もいらっしゃいますが、そのような方には不向きです。6時間くらいあるとしっかり効いてくるという印象です。


さて、オルソケラトロジーの適応検査に来られた患者さんは、いくつかの検査をおこないます。その中でも、角膜形状検査はとても大事な検査です。


topo souyoumae

眼科以外の方にはなじみのない図だと思います。角膜の表面のカーブの強さを示しています。寒色系だと、カーブが弱く、黄色~赤になるとカーブが強いことを示しています。図では、角膜中央部が黄色いので、カーブが強いことを示しています。角膜の表面は光を強く曲げる役割をしますので、角膜中央部を平らにすることで近視を治すのがオルソケラトロジーです。

今回オルソケラトロジーを試した方の左目は、裸眼視力0.05で、近視の度数は-3.5Dでした。 

topo 1時間

オルソケラトロジーを1時間装用した後に角膜形状検査をおこないます。上の図は、装用前との差を表しています。緑色は矯正ゼロで、青色になると近視が弱まったことを示しています。角膜中央あたりで約-1.5D位の矯正効果が出ていることがわかります。また、きちんと角膜中央部分が矯正されているので、オルソケラトロジーがずれたりしていないことが分かります。これで裸眼視力は0.1 近視の度数は-2.5Dでした。

近視が少ない場合は、1時間の装用で視力が1.0以上出ることもありますが、近視が中等度以上ある場合は、近視がきちんと矯正されるまでに日数が必要がかかることが多いです。


コンタクトレンズが初めてということもあり、異物感が多かったので、装用し続けられるかを心配していました。今回は、当院のオルソケラトレンズを貸出しして、しばらく装用してもらうことにしました。

topo 2日後
これは
2日後の角膜形状検査の結果です。中心部の矯正量が増えています。中心部分で近視矯正量がやや少ないのが気になります。これで裸眼視力0.2 近視の度数は-1.0でした。


topo 1週間後
1
週間装用した後の角膜形状検査の結果です。中心部分はしっかりと矯正されていることが分かります。これで裸眼視力は1.2 近視の度数は-0.5でした。普段の生活では全く困らない視力になりました。当初はゴロゴロが強かったのですが、だんだん慣れてきたそうです。


緑内障インプラント手術(エクスプレスシャント)

2013.08.05

緑内障インプラント手術(エクスプレスシャント)

 

白内障手術 14

 うち乱視用眼内レンズ 2

 うち多焦点眼内レンズ 2

硝子体手術 7件(うち入院2件)

眼瞼内反症手術 1

緑内障インプラント(エクスプレスシャント)手術 1

 

無事に終了しました。スタッフのみなさんお疲れ様でした。

 

当院では最近糖尿病網膜症の重症な方が多くいらっしゃいます。当然網膜もやられてしまうのですが、新生血管緑内障になって来院される方もいらっしゃいます。新生血管緑内障については以前記事を書きました。ます、レーザー治療と、抗VEGF抗体硝子体注射をすぐに行うのですが

https:/moriyaganka.com/blog/29042772.html

https:/moriyaganka.com/blog/22015490.html

それでもなかなか眼圧がさがらないことも良くあります。眼圧を下げる点眼や内服では限界があるので、どうしようもなくなった場合は手術をせざるを得ません。

緑内障の手術はいくつもの術式がありますが、新生血管緑内障に行う術式は「線維柱帯切除術」という術式です。これは眼の中の水を外に逃がしてやる手術です。

 

眼球の表面は、強膜という固い部分の上に結膜というぶよぶよの膜があります。

 46

結膜と強膜の間に眼の中の水を誘導します。この水の通り道を強膜に作成するのですが、通り道が大きすぎると水がダダ漏れになってしまいますし、通り道が治ってしまうと手術の効果が無くなってしまいます。このバランスがとても難しい手術なのです。

 

昨年4月に日本で承認されたエクスプレスという製品は、眼の中の水を外に逃がす通り道を確保する器械です。これを挿入すると、その部分の水の通り道が確保されます。手術後の眼圧管理がとても楽になります。

 エクスプレス
57

本来、新生血管緑内障に対する緑内障手術の成績は、他の緑内障に対する手術と比較して悪いことが分かっています。しかし、このエクスプレスを使うと、眼圧コントロールが行いやすくなったと思います。今後の経過が楽しみです。