もりや眼科ブログ

森谷充雄の眼科ブログ

月別 アーカイブ: 2013年9月

緑内障インプラント手術(エクスプレスシャント)手術後の管理

2013.09.17

今週、来週は月曜日が祝日なので、手術がお休みです。
その分、手術待ちが長くなってますので、いずれ月曜以外にも手術を行いたいと思います。

緑内障インプラント手術(エクスプレスシャント)手術後の管理

 

 

以前、緑内障のインプラント手術について書きました。

https:/moriyaganka.com/blog/30375766.html

 

 

簡単にまとめると、この手術は目の中の水を外に逃がすことで眼圧を下げる手術です。点眼薬だけではどうにも眼圧が下がらない方に行います。エクスプレスという製品は、眼の中の水を外に逃がす通り道を確保する器械です。これを挿入すると、その部分の水の通り道が確保されます。手術後の眼圧管理がとても楽になります。

 エクスプレス

 

57
この手術の難しいところは、目の中の水を一定量だけ外に逃がすことです。水が逃げすぎると眼圧が下がり過ぎて「低眼圧症」という合併症を引き起こします。また、水の通り道が閉じて
(治って)しまうと、手術の効果が無くなってしまいます。

 

 

今回は、術後水の出方が安定していたので、ほとんど何もせずに済みました。目の中から出た水は、結膜で受け止められているので、ぷっくり膨れています。眼圧は手術前に30程度ありましたが、現在は10台と安定しています。

術後 コメントつき

写真の緑丸は結膜が膨らんでいるところです。インプラントは隠れていて見えません。

 

 

緑内障の手術は、術後に処置が必要なことが多いという特徴がありますが、このインプラントを用いると、術後の経過が安定しやすいようです。

 


オルソケラトロジーを試した方の経過2(乱視のある方)

2013.09.09

本日は白内障手術5

翼状片手術2件を行いました。
みなさん無事に終わりました。


オルソケラトロジーを試した方の経過2(乱視のある方)


オルソケラトロジーは角膜乱視の多いかたには適応がありません。

角膜乱視については、以前の記事を参考にしてください。


オルソケラトロジーのレンズが角膜の表面で安定しないからです。従来のオルソケラトロジーでは、1
D以上の角膜乱視のある方には適応になりませんでした。


今回は、1Dを超える方の経過です。

眼鏡なしの視力は0.1 近視の度数は-2.25でした。角膜乱視が1.65Dあるので、オルソケラトロジーの適応になるかどうかが気になりました。

使用前

角膜の形を見ると、 上下方向のカーブが強い(黄色)ことがわかります。上下方向のカーブが強いという事は、レンズが上下にパタパタ動いてしまう可能性があります。ですから、従来のオルソケラトロジーではレンズが安定しません。
最近発売した「オルソKプレミアム」は、2Dまでの角膜乱視のある方に、角膜の形状にあわせたオルソケラトロジーを作成できるというものです。「プレミアム」という名前がついていますが、値段は従来と変わりません。ですから、この方はオルソKプレミアムの良い適応です。(乱視のある方にも装用できますが、乱視は減らさないとされています)



コンタクトをつけて1時間様子をみたところ、下のようにきちんと近視が矯正できました。

使用後
これは、コンタクト使用前後の比較です。中心部分が濃い青色になっていて、きちんと角膜の中央で近視が矯正されていることを示しています。裸眼視力も
0.5まで増えていました。

おそらく1晩使用すればかなり近視が減ることでしょう。





オルソKプレミアム
http://www.ortho-keratology.net/assets/files/pdf/ortho-k-premium.pdf




もりや眼科 平成25年8月の手術実績

2013.09.06

もりや眼科 平成258月の手術実績

 

白内障手術  32

硝子体手術 7

緑内障手術(インプラント挿入術) 1

VEGF硝子体注射 12

翼状片切除術 1

霰粒腫摘出術 3

後発白内障に対するレーザー治療 3

網膜レーザー光凝固術 14

レーザー虹彩切開術 1

眼瞼痙攣に対するボトックス注射 1

涙点プラグ挿入術 8

眼瞼内反症手術 2

 
8月は結構忙しい月でした。
相変わらず糖尿病網膜症の重症な方が多いです。もう少し早く治療を開始できればどんなに楽かと思います。

12


網膜中心静脈閉塞症に対する治療

2013.09.02

本日は白内障手術9件
翼状片手術1件
無事に終わりました。

網膜中心静脈閉塞症に対する治療

加齢黄斑変性の治療薬でルセンティスという薬があります。

VEGF阻害薬という薬なのですが、実際には加齢黄斑変性だけではなく、糖尿病網膜症や、新生血管緑内障など多くの病気に有効であることが分かっています。しかし、保険適応の関係上、今までは加齢黄斑変性にしか用いることができませんでした。

しかし、先月(8月)から、網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫にも適応となりました。

網膜静脈閉塞症に関しては、過去の記事を見てください。

https:/moriyaganka.com/blog/24164789.html

 

保険適応になって早々に、網膜中心静脈閉塞症の患者さんが来院されました。

CRVO1
これは、網膜に流れる静脈のおおもとが詰まった状態で、目にとっては危機的な状態です。

網膜が血流不足でダメージを受けるだけでなく、黄斑(ものを見る中心)が血流不足のために浮腫をお越し、視力低下をさせます。
CRVO1 OCT
また、血流不足のせいで
VEGFというホルモンが大量に分泌される関係で、虹彩に新生血管が生じ、新生血管緑内障という悪性の緑内障を引き起こしてしまいます。こうなると、光を感じなくなるだけではなく、激しい眼痛が生じてしまいます。

お菓子作りで有名な鎧塚さんは、この疾患が原因で新生血管緑内障を発症し手術を4回も受けた上に光覚が無くなった(明るさを感じなくなった)そうです。そうなる前に、できる限りの手を打たなくてはなりません。

今回来院された網膜中心静脈閉塞症の方は、すぐにルセンティスを硝子体注射しました。黄斑の浮腫が引いて、視力がでれば良いのですが、なかなか難しいことも多いです。それよりも、新生血管緑内障を防ぐという意味合いも大きいです。

ルセンティスが効いている間に、できる限りレーザー治療を行います。静脈の閉塞具合が強い場合、かなり密にレーザーを打つ必要があります。網膜にレーザーをすると、必要とする血液量が減るため、新生血管の発生を抑えることができます。

レーザー治療についてはこちら

https:/moriyaganka.com/blog/29042772.html

今回はかなりの量のレーザーを打ちました。しばらくしてから蛍光眼底造影をして、新生血管の状況を確認をして、必要に応じてルセンティスの注射やレーザーを追加します。

元通りの視力になるのは厳しいですが、激痛が生じる上に手術を何度も受けるのに比べると、大分ましかなと思います。