もりや眼科ブログ

森谷充雄の眼科ブログ

月別 アーカイブ: 2015年1月

有水晶体眼内レンズ

2015.01.27

本日は

白内障手術7件(乱視用レンズ3件)

翼状片2件

眼瞼内反症手術1件

霰粒腫2件

全て無事に終わりました。

 

現在当院で導入を進めている、近視治療についての説明です。

 

有水晶体眼内レンズ

 

今回は新しい手術について説明しようと思います。一般的には眼内レンズとは白内障の手術で使うレンズを言う事が多いのですが、これは濁った水晶体(白内障)を取り去る代わりに人工のレンズを入れるというものです。

それに対して有水晶体眼内レンズとは、水晶体を取り除かずにレンズを眼の中に挿入するというものです。

 V4c Toric Visian image

実際に眼の中に入れるレンズです。いくつか穴が空いているのが特徴で、これのおかげで眼内の水の流れがブロックされないようになっています。レンズの中心に穴が空いていて見えにくくないのかが気になりますが、これは視機能には影響がないようです。

 

手術の方法としてはとてもシンプルで、麻酔をしてレンズを入れるだけです。

  手術technique

同じ近視を治す手術であるレーシックと比較していくつかメリットがあります。

9つのメリット

①レーシックの場合、くっきり度がやや減ることが分かっていますが、有水晶体眼内レンズは比較的くっきりと見えます。

②レーシックは手術後時間とともに近視が出てくることがありますが、有水晶体眼内レンズは近視が出てくることが少ないようです。

③レーシックの場合、術後トライアイが出ることが多いのですが、有水晶体眼内レンズではドライアイがあまり出ません。

④有水晶体眼内レンズでは、術後レンズを取り出すと元の状態に戻すことができます。

⑤レーシックよりも強い近視、強い乱視を治すことができます。

⑥海外では37万例も行われているようです。日本でも徐々に増えています。

 

近日中に開始したいと思いますので、どんな手術か興味のある方は是非外来にお越しください。

 


眼瞼下垂の術後経過2

2015.01.19

本日は白内障手術9件(うち入院4件)

翼状片手術2件

結膜嚢形成術1件

無事に終わりました。

眼瞼下垂の術後経過2

当院では炭酸ガスレーザーを用いた眼瞼下垂症手術を行っています。

術前後の写真を公開しても良いですよ、と言う方は多くはないのですが、時々いらっしゃいます。

今回も、公開しても良いと言っていただいた方がいらっしゃったので、写真を載せさせていただきます。

目の大きさはそんなに変わらないように見えますが、眉毛がとっても下がっています。これは、眉毛を持ち上げなくても目が開くようになったことを示しています。術前よりもおしゃれになった気もします。

 

術前2014-05-22 17.13.42

 

 

術後OLYMPUS DIGITAL CAMERA


平成26年の治療実績

2015.01.06

平成26年の治療実績をまとめました。
昨年と比較して白内障、硝子体手術が増えました。白内障手術は、ご近所の方が当院で手術を受けて良かったから私も、という方が増えました。これからも満足度の高い手術を目指して頑張りたいと思います。特に、目の手術では緊張が強くなってしまう方が多いのですが、鎮静薬を用いたり、良く話しかけることでなるべくリラックスして手術を受けてもらえるようにしています。

硝子体手術が増えたのは、近隣の医院からの紹介が多くなってきたためです。昨年は糖尿病網膜症や黄斑前膜の紹介がとても多かったです。糖尿病網膜症はかなり重症な方もいらっしゃいました。重症な方はできるだけ早いタイミングで網膜症を沈静化させた方が視力予後が良いので、初診から早い時期に治療が行えるようにしています。また、硝子体手術も最新のコンステレーションを用いることで、より良い治療を目指しています。

数字には出ないのですが、実は休日夜間の診療も行っています。小山市だけでなく、日光や県外からも患者さんが来ることがあります。私一人で行っているので、対応出来ない時も多々ありますが、なるべく続けていきたいと思います。

今年も理想の眼科医療を目指すべく、日々精進したいと思います。

もりや眼科 平成26年 治療実績

(H26年1月~H26年12月)

 

・観血的手術 合計 587眼

 ・白内障手術    479件

 ・網膜硝子体手術   75件

 ・緑内障手術     2件

 ・翼状片手術    12件

 ・眼瞼下垂手術   15件

 ・眼瞼内反症手術  4件

 

・レーザー手術 合計 133眼

・網膜光凝固術  91件(糖尿病・網膜裂孔に対するレーザー)

・YAGレーザー 33件(後発白内障に対するレーザー)

 ・隅角光凝固術 2件(緑内障に対するレーザー)

 ・レーザー虹彩切開術 7件(緑内障に対するレーザー)

 

・涙器に対する外科的治療 合計 42眼

・涙点プラグ挿入術 34件(ドライアイに対する治療)

・鼻涙管チューブ挿入術 8件(流涙症に対する治療)

 

・ボトックス治療(眼瞼痙攣治療) 合計 15眼

 

・抗VEGF薬 硝子体注射 合計 119眼

 糖尿病黄斑浮腫・加齢黄斑変性症・網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫に対する注射

 (アバスチン、アイリーア、ルセンティス)