ICL手術後半年の経過

2018.10.01

本日は白内障手術14件、翼状片手術3件実施しました。無事に手術を終えました。

ICL手術後半年の経過

当院のICLの記事が良く見られている様なので、かなり前に手術をした症例を振り返りました。約3年前に手術をした方が2名いて、そのうち1名は術後2年目の検診から来なくなってしまった(視力は1.5でした)が、もう一人は2年目の検診に来てくれました。もうすぐ3年目の検診で来てくれるはずです。

この方ですが、40代前半のトラック運転手

手術前両眼ともに-13Dのとっても強度な近視がありました。

手術前裸眼視力 右0.03 左0.04でした。

手術後(当日)右0.5 左0.5(ピンホールレンズを使用すると右1.2 左1.5)

術後3日目 右1.0 左1.2

1年目 右2.0 左1.2

2年目 右1.5 左1.2

レフと呼ばれる近視や遠視の度合いが手術後殆ど0のまま手術後2年間安定していました。レーシックは手術後近視が徐々に戻ると言われているのですが、ICLはそれがありません。

この方夜間運転することが多いようですが、ICL特有の合併症である光輪はあまり気にならないと言う事でした。

私は手術を行って1年半たちますが、特に問題なく生活出来ています。手術を受けたのが懐かしいです。(下のリンクは体験記です)https://www.moriyaganka.com/blog/icl%e6%89%8b%e8%a1%93%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e2%91%a0.html/

最近3件ほど申し込みがありました。快適な視力が出るよう頑張ります。