もりや眼科

健康情報
熱中症とクーラー病(冷房病)に要注意!
熱中症になる原因と予防

熱中症は主に、高温や体温調節機能の低下、脱水症状が原因で発症します。

室内でも室温が上昇していれば熱中症を発症する事もあるためクーラーを活用しましょう!

クーラー病(冷房病)に要注意

暑い夏の季節、熱中症予防に重要なクーラーですが、場合によってはクーラー病(冷房病)を起こしてしまいます。

クーラー病(冷房病)の原因

クーラー病(冷房病)を起こす原因としては

設定温度が低く寒さを感じる

冷風を直接体に受ける

暑い外と室内の行き来での自律神経の乱れ

が挙げられます。

トイレが近くなる・血圧上昇といった循環器に関わる症状も発症します。

クーラー病(冷房病)の予防策

クーラーを適温に設定することはもちろん、できる対策をしましょう。

ポイント

室内の温度のムラを無くす

体感温度をあげる、血行をよくする

予防策① 風を活用

長く過ごすオフィスは場所によって温度のムラが生じます。
サーキュレータや扇風機の「風」を活用して温度のムラをなくしましょう。

予防策② +1枚を意識

体の冷え対策には、冷えやすい部位を守ることができる、腹巻や足首を覆う物、カーデガンなど普段の服装に「+1枚」を意識しましょう。

直接エアコンの風があたる時には薄いビニールなどでエアコンに「+1枚」も。

予防策③ 体を動かす

屈伸や背伸び、腕回しのような簡単な運動やストレッチで血行を良くしましょう。

クーラーの活用

クーラーの適切温度は、外気温と5℃差といわれています。

近年は外気温が35℃以上になる日もあるため、室内の気温が28℃以上になると熱中症の危険があります。

その場合は必要に応じて温度調節をしましょう。

まとめ

手軽にできる対策を実践してこの夏を健康に乗り切りましょう!

提供:メディアコンテンツファクトリー

クレジットカードやPaypayなど
複数のお支払いに対応しております。

送迎バスが運行しており、手術前後に
安心して通院いただけます。

当院のご予約は
お電話・WEBにて承っております。

Facebook
WEB予約