もりや眼科ブログ

森谷充雄の眼科ブログ
もりや眼科 > 森谷充雄の眼科ブログ

緑内障点眼薬について(炭酸脱水素酵素阻害薬)

2012.08.06

今日は手術日でした。

水晶体再建術 6件
皆さん無事に手術を終えました。
件数が徐々に多くなってきましたが、スタッフがよく動いてくれるのでスムーズに手術を終えることができました。


緑内障点眼薬について(炭酸脱水素酵素阻害薬)

 

「炭酸脱水素酵素阻害薬」なんて、難しい名前の薬ですね。この薬は房水を作るときに必要な酵素の働きを抑える薬です。つまり、毛様体(下の図の赤丸)による房水の産生量を減らすことで眼圧を下げます。

 

05 

 

今まで紹介した2種類(プロスタグランジン系、ベータ受容体遮断薬)と比較してやや眼圧を下げる効果が低いので、どちらかというと補助的に処方されることが多いです。

 

この種類の点眼薬には、トルソプト、エイゾプトがあります。

 

eizoptトルソプト

 

炭酸脱水素酵素阻害薬の特徴

 

他の点眼薬と相性が良い

プロスタグランジン系、ベータ受容体遮断薬とは眼圧を下げる仕組みが違うので、同時に使用すると、より眼圧を下げます。そのため、1種類の点眼では眼圧がうまく下がらない時に使いやすい薬です。

 

全身の副作用が少ない。

女性の場合、目の周りが黒ずむ副作用のあるプロスタグランジン系は使いにくいし、かと言って心臓や肺に病気を持っている人はベータ受容体遮断薬も使いにくい・・という場合に炭酸脱水素酵素阻害薬は使いやすい薬です。

 


緑内障点眼薬について(交感神経を抑える薬:ベータ受容体遮断薬)

2012.07.31

開業してはや一ヶ月経ちました。
たった一ヶ月ですが、既に何度か受診していただいている方、白内障手術をされた方などもいらっしゃいます。当院に受診して頂いた方すべてに満足してもらえるよう頑張りたいと思います。

7月の手術件数のまとめ
白内障手術 6件

8月はお盆休みがありますが、既に10件以上申し込みがあります。なるべくお待たせしないようにしたいと思います。

緑内障点眼薬について(交感神経を抑える薬:ベータ受容体遮断薬)

この薬はプロスタグランジン系の点眼薬が開発されるまで、緑内障点眼薬の中でもっとも効果のある点眼薬でした。現在でもプロスタグランジン系点眼薬が使えない人(容姿が気になる方)や、プロスタグランジン点眼薬だけでは眼圧が十分下がらない場合などで良く使用します。

交感神経は「闘争の神経」と呼ばれていて、活発な活動をしている時に良く働く神経です。たとえば心臓をドキドキさせたり、気管の通りを良くしたりします。目では瞳孔(黒目)を大きくする作用もあります。

代表的な点眼薬としては、チモプトール、ミケランがあります。

13



これらの薬は12回の点眼薬ですが、同じ成分で11回のものもあります。点眼にトロミをつけることで、薬効が長く続くようにしたものです。(チモプトールXE、ミケランLA
24

トロミがあるので、点眼後はしばらくぼやけて見えます。朝点眼して、そのまま車で出かけるときは注意が必要です。


2012 小山市花火大会 

2012.07.29

本日は小山市花火大会に行ってきました。
ここに引っ越して来るまでは知らなかったのですが、小山市の花火大会はこの辺ではとても大きな花火大会で、宇都宮の方からもたくさん人が来るようです。




今回は当院スタッフと一緒に花火をみました。マス席をとったのですが、花火のごく近くで迫力満点でした。
2時間弱の花火大会がとても短く感じられました。フィナーレの花火がとても盛大で、圧倒されました。
また来年もスタッフと一緒に見に行きたいです。
これで明日から心機一転仕事に頑張れそう。明日は手術日ですが、みなさんよろしくお願いします。


緑内障点眼薬について(プロスタグランジン系点眼薬)

2012.07.27

今週末は小山花火大会があります。かなり盛り上がるようで、小山市内が人だかりになるようです。
前夜祭である土曜日もかなり盛り上がると聞きましたが、院外がどれだけ賑やかになるか、気になります。
今回からは緑内障の薬についてです。自分のつけている薬がどれなのか、どのような効果・副作用があるのかを知って欲しいと思います。

緑内障点眼薬について(プロスタグランジン系点眼薬)

 

緑内障になって、初めて点眼薬を処方されるとき、プロスタグランジン系の目薬(PG薬)を処方されることが多いと思います。「プロスタグランジン系」なんて専門用語が出てくるととっつきにくい感じがあるとは思いますが、緑内障治療で大事な用語なので、覚えていただきたいところです。

 

主な薬としては、タプロス、ルミガン、トラバタンズ、キサラタンがあります。

 

タプロスルミガントラバタンズキサラタン

 

プロスタグランジン系点眼薬の特徴

 

プロスタグランジン系点眼薬は、目の中の水(房水)が出やすくなる薬です。下の矢印の部分から水が出ていきます。

 

27

 

 

1日1回の点眼

  1日1回の緑内障点眼薬は現在のところこれだけです。他の緑内障点眼薬は12-3回点眼しますが、意外と大変です。特に、3回点眼の場合、日中外に出かける


治療前の眼圧はしっかり測りましょう(ベースライン)

2012.07.23

本日は白内障手術を3件行いました。
皆さん無事に手術を終えました。

当院では、手術の様子を見学できるように窓がついているので、希望の方には見てもらっています。
今回3件手術を行なったうち、見学希望の方は1組だけでした。
やっぱり手術を見るのは怖いのかもしれません。ただ、白内障手術は出血も少なくて比較的怖くないと思います(私が眼科医だからそう思うだけかもしれません)。

さて、今日も緑内障の話の続きです。

治療前の眼圧はしっかり測りましょう(ベースライン)



当院が開院して早2週間が経ちました。相変わらず白内障と緑内障の患者がとても多いです。白内障は手術すれば治るので、何も心配はいりませんが、緑内障の場合一旦進むと元に戻らないので注意が必要です。

先日来院された患者さんも、検査結果をお伝えしたところ「自分がこんなに悪いとは思ってなかった」と言っていました。緑内障治療は、理解するのが難しいので医師任せになりがちですが、病状を把握するのは大事だと思います。医師と患者で治療に対する姿勢が異なる原因になります。



さて、緑内障治療を開始する場合、すぐに点眼を開始する場合があります。だた、これでは、点眼薬がどのくらい効いているかを判断するのは難しいです。なぜなら、眼圧は体調、時刻、姿勢、その他ちょっとしたことで変化します。おそらく血圧も似たようなものだと思います。従って、一回計測するだけではあまり正確ではありません。



きちんと緑内障を治療しようと考えると、治療開始前の眼圧を正確に出すということが必要になります。3回程度計測した眼圧の平均を「点眼前の基準」とすることで、治療前の眼圧をより正確に評価します。これを「ベースライン眼圧」と言います。



緑内障点眼薬の中には「神経保護効果がある」と謳っているものもありますが、現在のところ緑内障進行を抑制できると証明されていることは「眼圧」だけです。したがって、緑内障の点眼がどのくらい効いているか、というのは、「もとの眼圧からどのくらい眼圧が下がっているか(下図)ということになります。

眼圧がどのくらい下がるか、ということは点眼の種類にもよりますが、点眼する人によってもかなり異なります。中には殆ど眼圧が下がっていない、ということも有ります。そういった場合には点眼種類を変更することも有ります。



39



眼圧計測の注意点ですが、眼圧は一日の中で変動しているため、いつも大体同じ時間で計測するのが大事です。眼圧が1日の中で変化するパターンは人によって異なりますが、多くの人は昼間眼圧が高めで、夜低いことが多いようです。ただし、夜に眼圧が高くなる人もおり、個人差が多いよ うです。また、立っているよりも寝ている方が眼圧が高いため、緑内障は寝ている間に進行しやすいとも言われています。



59



緑内障の点眼薬の効果ですが、1本あたり20-30%程度眼圧が下がると「効いている」と判断されます。そのため、計測時間が異なると、本当は効いてないのに「効いている」と判断されたり、逆に効いているのに「効いてない」と判断されます。そのため、なるべく受診の時間は揃えたほうが良いと思います。小山市 結城市 筑西市 栃木市 下野市 古河市 栃木市 白内障手術 緑内障手術 もりや眼科 


73 / 75« 先頭...7172737475