もりや眼科

M22(ドライアイ・美容治療)

ドライアイでお困りの方へ

年齢とともに涙の分泌が減りますが、涙に含まれる脂が変化することをご存知でしょうか?
若い時はサラダ油のようにサラサラだったものが、年齢とともに練り歯磨きのようにネバネバすることで、変質した脂が目ヤニとなって出るとともに、脂の出口(マイボーム腺)が目詰まりを起こしやすくなります。
その結果、眼に十分な潤いを保つことが難しくなり、目の乾きや痛みなどのドライアイ症状に繋がります。

イメージ:眼球
イメージ:眼球

そのマイボーム腺の詰まりを、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれるマイルドな光を照射することで除去し、炎症を抑え、適切な涙液の流れを整えるための新たな治療法として開発されたのがIPLドライアイ治療です。
一般的にはドライアイは点眼治療を行い、なかなか治らない症例に対しては「涙点プラグ」という治療もありますが、当院ではもう一つの選択肢として、M22という治療を選択することができます。

点眼しても効果がなかなか得られず悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
そんな方に、M22を使った新しい医療で快適な生活を取り戻していただきたいと考えてます。
ドライアイの症状が点眼しても改善しない方は、ぜひ、ご検討ください。

フォトフェイシャルM22について

フォトフェイシャルM22とは、イスラエルのルミナス社の機器です。
従来の機器と比べて先端のフィルターバリエーションが豊富になり、6種類の波長から様々な色味や肌悩みに合った波長を組み合わせることで効果的に治療を行うことができます。
フォトフェイシャルの光が、肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管)に当たると、光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットにダメージを与えます。

フォトフェイシャルM22

当院のドライアイIPL治療の流れ

  1. カウンセリング

    • IPL治療が適しているか、診察・検査で確認します。
    • 適応がある場合、治療について詳しくご説明します。
    • 患者様に同意を頂けた場合、治療の予約をお取りします。
  2. 治療の準備

    • 事前に眼周辺の剃毛をお願いすることがあります。
    • 来院後、メイクや基礎化粧品を全て落として頂きます。
  3. IPL照射

    • 眼周辺にほくろがあれば、パッチシールでカバーします。
    • 眼球を守る専用のアイマスクをつけ、顔に密着させます。
    • 照射部位(下まぶた下部)に専用のジェルを塗ります。
    • ほほ→まぶたの下→鼻へかけてIPLを照射します。
    • ジェルを拭き取り、眼周辺を洗浄して治療終了です。
ドライアイIPL治療後のご注意
  • 治療後は肌に赤みを生じやすくなりますが、通常、2~3時間程度で落ち着くことが多いです。
  • 皮膚がデリケートな方は、まれに浅達性熱傷によるヒリヒリ感や強めの赤みを生じることがあります。
  • 治療後2週間、紫外線に当たる時は日焼け止めを塗ってください。
  • 洗顔、メイク、入浴等は通常通り行って頂いて問題ありません。

美容を目的とした治療

ドライアイで使用する波長とは異なる波長のIPLを使用することで、シミ、シワ、肌のきめを改善することができます。
これを「フォトフェイシャル」と言い、当院で行うことができます。
当院では実際の施術前後の写真が掲載されたパンフレットがありますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

イメージ:美容治療フォトフェイシャル

ドライアイIPL治療費用(自費診療)

回数 費用
1回(両眼・税込) 9,500円
4回セット(両眼・税込) 35,000円
4回セット終了後の追加1回分(両眼・税込) 8,000円
  • シミ、シワ、肌のきめを改善するフォトフェイシャルの治療費用は受付にご確認ください。

クレジットカードやPaypayなど
複数のお支払いに対応しております。

送迎バスが運行しており、手術前後に
安心して通院いただけます。

当院のご予約は
お電話・WEBにて承っております。

Facebook
WEB予約