もりや眼科

近視手術(ICL)

近視手術(ICL)について

眼内コンタクトレンズ治療 ICL

眼内コンタクトレンズ治療は、レンズを目の中に入れて視力を矯正する治療法です。
インプランタブルコンタクトレンズ(Implantable Contact Lens)を略してICL治療と呼んだり、フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)治療と呼ばれることもあります。レンズは茶目(虹彩)の後ろ側と水晶体の前面の間に固定しますので外から見てもわかりません。

画像:EVO LENS - SPHERIC (LOW RES)

角膜を削らない視力回復

眼内コンタクトレンズ治療は、角膜を削らない視力矯正法で、あざやかな見え方でドライアイや夜間のハロー・グレアの出現が少なく、長期安定性に優れた結果が期待されます。

院長からのメッセージ

もともと強度近視かつ乱視が強かったため、レーシック手術を受けることができず、趣味のトレイルマラソンをするときに眼鏡がどうしても邪魔になっていました。
そこで、2017年2月に私もICLの手術を受けました。術後の経過は定期的にブログで報告しているとおり、現在まで良好です。
近視は病気ではないとされていているため、健康保険が使用できないなどのデメリットがありますが、眼鏡での生活に不便を感じている方は治療の選択肢の一つとしてご検討ください。

写真:ICL術後

院長のICL手術体験記

ICL手術を受けました① ICL手術を受けました② ICL手術を受けました③ ICL手術を受けて4年がたちました

ICLインストラクター認定医師による施術

これまでの当院でのICL手術実績が認められ、2021年2月に森谷院長がICLインストラクターの認定を受けることが出来ました。豊富な実績をもとに安心して手術を受けていただけるよう、今後も精進したいと思います。

画像:ICLインストラクターに認定医師による施術

もりや眼科では定期的に無料説明会を実施しております。

ICLについて正しい知識と理解を深めていただく良い機会になればと思います。
手術に興味をお持ちの方、手術を迷われている方は検査を受ける前にお気軽にご参加ください。手術の様子を撮影したビデオ、当院での手術実績などをお示しします。

無料説明会について
画像:説明会会場

手術件数について

もりや眼科はICLの毎年の手術件数を公表しています。

手術実績はこちら

解説動画

眼内コンタクトレンズ治療 アニメーション

眼内コンタクトレンズ治療プロモーション映像

ICLの特長

目にやさしい生体適合性の高い素材

目の中に入れるレンズは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材です。
有害な紫外線をカットする機能もあります。
半永久的に使用可能です。

ずっとお手入れ不要で取り出すことも可能

目の中のレンズは、くもったり汚れたりしないので、日々のお手入れやメンテナンスは不要です。目の中でゴロつきを感じることもありません。治療後に必要が生じた場合はレンズを取り出して元の状態に戻すことが出来ます。

日帰り治療で回復も早い

眼内コンタクトレンズ治療の治療は、レンズを専用の器具で目の中に入れます。
麻酔は目薬だけですから痛くありません。また傷口が約3ミリと小さいので回復が早く日帰りで可能です。縫合や抜糸の必要もありません。

角膜を削らない大きな光学系

眼内コンタクトレンズ治療なら、角膜を削らないので角膜の形がほとんど変化しません。また光学系が大きく確保できるため、夜間に問題となるハロー・グレアの抑制による、優れた見え方が期待されます。

将来の目の病気の治療に影響を与えません

眼内コンタクトレンズ治療のレンズは、取り外して元の状態に戻すことができるので、将来白内障などの目の病気になった際に、治療の選択肢が狭まるようなことがありません。

ICLの対象

他の目の病気(緑内障や白内障など)や全身疾患のない近視や乱視の方が対象になります。
強度の近視や角膜の薄い場合も対象になります。目の形状や状態、他の疾患をお持ちの場合は治療を受けられない場合があります。詳しくは医師の検査を受けてください。

手術の流れ

眼内コンタクトレンズ挿入 イメージ映像

  1. 角膜の切開

    瞳孔を拡大させ、点眼麻酔をして、角膜の緑を約3ミリ切開します。

    画像:角膜の切開イメージ
  2. レンズ挿入

    切開した部分からレンズを目の中に入れます。

    画像:レンズ挿入イメージ
  3. レンズの固定

    レンズを虹彩と水晶体の間に固定します。

    画像:レンズの固定イメージ
  4. 後処理

    瞳孔を縮瞳させ手術は終了です。

    画像:後処理イメージ
  5. 休養

    院内でしばらくお休み頂いた後、問題がなければ帰宅頂けます。
    術後は医師の指示に従って点眼薬、内服薬をご利用ください。

    画像:休養・検査イメージ

ICL手術の費用

ICL手術は「自由診療」です。厚生労働省に正式に認可された治療法ですが、レーシック等と同様に健康保険は適用されません。
ただし、保険会社による医療保険は適用される場合がありますので、医療保険に加入されている方は保険会社にお問い合わせください。

手術費用(両眼・税込み)

乱視あり/なし 費用
乱視なし 598,000円
乱視あり 648,000円
  • 上記費用は手術費用、レンズ代金、術前・術後1年までの検査・診察・投薬を含めた金額です。
  • 手術後の保護ゴーグル代(1,900円)が別途かかります。手術申し込み時にお支払いいただきます。
  • お支払い後にICLレンズ発注を開始します。お支払いには現金・クレジットカード、PayPay、メディカルローンが使用できます。

メディカルローンが使用できます

当院ではアプラス社のメディカルローンが使用いただけます。ご希望の方は、受付で、アプラス医療ローンご利用の旨、お伝えください。

ローンの申し込みに必要なもの

  • 身分証明書(運転免許証または健康保険証など)
  • 郵便局もしくは銀行の認印
  • 郵便局もしくは銀行の預金口座
アプラス社のメディカルローンの申し込み条件
  • お会計が3,000円以上からローンを組むことが可能となります。
  • 金額により、3回~60回までのローンを組むことが可能です。
  • 成人で収入のある方が対象となります。
    (アプラスの審査により保証人が必要となる場合がございます)
  • お支払い方法についてご不明な点は、直接お電話でお問い合わせください。

お支払い例(手術費用65万円の場合)

36回払いの場合の例(アプラス社カード申込み優遇金利)

支払金額は利率によって変動します。

回数 費用
初回月 22,645円
2回目以降 20,600円
分割払い手数料 95,645円
支払総額 743,645円
60回払いの場合の例(アプラス社カード申込み優遇金利)

支払金額は利率によって変動します。

回数 費用
初回月 16,808円
2回目以降 13,400円
分割払い手数料 159,408円
支払総額 807,408円

術前検査の流れ

  • ICL検査予約

    ICLの手術を希望される場合、まず予約の電話(0285-38-7996)をお願いします。
    ICL術前検査のできるスタッフが限られるため、完全予約制になります。

  • ICL術前検査①

    ハード、ソフトコンタクトレンズを使用している人のみ
    一度、コンタクトレンズ装用した状態で検査にお越しください。手術後の見え方の参考に致します。

  • ICL術前検査②

    検査結果に影響する可能性があるため、この検査を受けるためには、以下の期間コンタクトレンズを装用しないでください。

    • ソフトコンタクトで1週間
    • 乱視用ソフトコンタクトは2週間
    • ハードコンタクトは3週間以上

    主に、手術をして問題ない目なのかどうかを確認します。散瞳検査を行いますので、帰りは見えにくくなります。近視がある目は白内障、緑内障、網膜剥離になりやすくなります。このような病気が見つかった場合はICL手術ができない場合があります。
    ご希望があれば、あらかじめ手術日を確保することができます。ただし、レンズの納期が遅くなる場合、手術日を変更しなくてはならない可能性があります。

  • ICL術前検査③

    いろいろな条件で視力を検査します。そのうえで、最適なレンズを決定します。
    必ずしも視力が最高の度数になることが良いわけではありません。疲れやすさ、見やすさを考えて、当院の検査技師と最適な度数を相談してください。
    院長より、手術の説明を受けます。この検査後に、手術同意書を提出し、手術費用をお支払いいただきます。
    一旦お支払いいただいた手術費用は返金できませんので、しっかりご納得の上申し込んでください。
    この時点で決心がつかない場合は申し込まないことも可能です。
    全ての検査が終わったら、手術日までの間コンタクトレンズを装用できます。手術日はコンタクトレンズをはずして来院ください。

クレジットカードやPaypayなど
複数のお支払いに対応しております。

送迎バスが運行しており、手術前後に
安心して通院いただけます。

当院のご予約は
お電話・WEBにて承っております。

Facebook
WEB予約