ICLの術後経過

2017.08.28 コメントを投稿する

本日は白内障手術5件

眼瞼内反症手術1件を行いました。

ICLの術後経過

最近ICLの症例数が増えてきました。最近も行ったので、その術後経過について紹介したいと思います。

もともとの視力ですが、
RV = 0.04(1.0×S-12.25D:C-0.75D Ax 90)
LV = 0.04(0.9×S-12.50D:C-0.75D Ax 95)
眼鏡なしだと両眼とも視力0.04、大変強い近視がありました。

下は手術後の写真です。虹彩の奥にレンズが入っています。レンズは透明なのでほぼ見えませんが、レンズの中央に開いている穴が見えます(赤矢印)

同じ目を違う観察方法で見たのがしたの写真です。レンズの穴が分かります。また、水晶体と少し間があいていて、これをボールトと言います。この隙間があることで白内障にならないのです。

 

術後1週目の視力ですが、
RV = 1.5×ICL
LV = 1.5×ICL

眼鏡なしで1.5見えています。とても良好です。ご本人もとても喜んでいました。

お話を伺うと、レンズの穴があるのは感じるようです。対向車のライトが気になると言っていました。