もりや眼科ブログ

森谷充雄の眼科ブログ

ヘルペス結膜炎

2017.07.10

本日は白内障手術を14件行いました(入院2件、乱視用レンズ5件)。

みなさん無事に終わりました。

 

ヘルペス結膜炎

結膜炎という病名は、結膜に炎症を起こす病気の総称になります。結膜炎の原因として多いのが細菌・ウィルスが多くて、他にもあります。

実際に菌やウィルスが診察で見えるわけではないので、充血の仕方、目やにの様子などをもとに判断をします。特徴的な所見が見えたら原因がある程度はっきりするのですが、そうでないことも多くあります。

これは充血、目やにを主訴に来られた方です。結膜炎があります。流行性角結膜炎だといけないので、迅速キットでチェックしましたが陰性でした。当初は抗生剤で点眼治療を行いましたが、なかなか治らないのと、所見が単純ヘルペスが原因のように感じたので、抗ウィルス薬を投与しました。

すると、すぐに治ってしまいました。診断的治療といって、これで単純ヘルペスが原因だ、と言うことが分かりました。ヘルペス性結膜炎では皮膚に水疱ができる、と言う事でしたが今回は見当たりませんでした。普段多く診る病気ではありませんが、治りにくい結膜炎を診た時は色々な可能性を考えるのが重要です。

 

 


オルソケラトロジーを試した方の経過2(乱視のある方)

2013.09.09

本日は白内障手術5

翼状片手術2件を行いました。
みなさん無事に終わりました。


オルソケラトロジーを試した方の経過2(乱視のある方)


オルソケラトロジーは角膜乱視の多いかたには適応がありません。

角膜乱視については、以前の記事を参考にしてください。


オルソケラトロジーのレンズが角膜の表面で安定しないからです。従来のオルソケラトロジーでは、1
D以上の角膜乱視のある方には適応になりませんでした。


今回は、1Dを超える方の経過です。

眼鏡なしの視力は0.1 近視の度数は-2.25でした。角膜乱視が1.65Dあるので、オルソケラトロジーの適応になるかどうかが気になりました。

使用前

角膜の形を見ると、 上下方向のカーブが強い(黄色)ことがわかります。上下方向のカーブが強いという事は、レンズが上下にパタパタ動いてしまう可能性があります。ですから、従来のオルソケラトロジーではレンズが安定しません。
最近発売した「オルソKプレミアム」は、2Dまでの角膜乱視のある方に、角膜の形状にあわせたオルソケラトロジーを作成できるというものです。「プレミアム」という名前がついていますが、値段は従来と変わりません。ですから、この方はオルソKプレミアムの良い適応です。(乱視のある方にも装用できますが、乱視は減らさないとされています)



コンタクトをつけて1時間様子をみたところ、下のようにきちんと近視が矯正できました。

使用後
これは、コンタクト使用前後の比較です。中心部分が濃い青色になっていて、きちんと角膜の中央で近視が矯正されていることを示しています。裸眼視力も
0.5まで増えていました。

おそらく1晩使用すればかなり近視が減ることでしょう。





オルソKプレミアム
http://www.ortho-keratology.net/assets/files/pdf/ortho-k-premium.pdf




オルソケラトロジーを試した方の経過

2013.08.20

本日は白内障手術8件行いました。(乱視用眼内レンズ1件)
皆さん無事に終わりました。

オルソケラトロジーを試した方の経過


当院では、オルソケラトロジーという特殊コンタクトレンズを扱っています。今回は、これを初めて試した人がどのようだったかを書こうと思います。

オルソケラトロジーの詳細は当院ホームページを参照してください。
https:/moriyaganka.com/myopia/#orthokeratology 


 


まず、オルソケラトロジー専用問診票に記入します。

monnsinnhyou
1-1で既往歴について書いていただいてます。オルソケラトロジーは、角膜の病気があると適応外になります。当院では、今までにドライアイがとても強くてオルソケラトロジーが使用できなかった方がいらっしゃいました。

また、現在までにコンタクトレンズの経験があるかどうかもとても大事です。オルソケラトロジーはハードコンタクトレンズですので、装用すると結構な異物感があります。特に、コンタクトの経験が無い方は、オルソケラトロジーを断念することもあるくらいです。1週間も装用しているとだんだん慣れてきます。

睡眠時間も結構大事です。寝ている間に装用するコンタクトレンズですから、装用時間が短いことになってしまいます。装用時間が短いと、近視矯正効果が十分に出ないこともあります。たまに、睡眠時間が4時間という方もいらっしゃいますが、そのような方には不向きです。6時間くらいあるとしっかり効いてくるという印象です。


さて、オルソケラトロジーの適応検査に来られた患者さんは、いくつかの検査をおこないます。その中でも、角膜形状検査はとても大事な検査です。


topo souyoumae

眼科以外の方にはなじみのない図だと思います。角膜の表面のカーブの強さを示しています。寒色系だと、カーブが弱く、黄色~赤になるとカーブが強いことを示しています。図では、角膜中央部が黄色いので、カーブが強いことを示しています。角膜の表面は光を強く曲げる役割をしますので、角膜中央部を平らにすることで近視を治すのがオルソケラトロジーです。

今回オルソケラトロジーを試した方の左目は、裸眼視力0.05で、近視の度数は-3.5Dでした。 

topo 1時間

オルソケラトロジーを1時間装用した後に角膜形状検査をおこないます。上の図は、装用前との差を表しています。緑色は矯正ゼロで、青色になると近視が弱まったことを示しています。角膜中央あたりで約-1.5D位の矯正効果が出ていることがわかります。また、きちんと角膜中央部分が矯正されているので、オルソケラトロジーがずれたりしていないことが分かります。これで裸眼視力は0.1 近視の度数は-2.5Dでした。

近視が少ない場合は、1時間の装用で視力が1.0以上出ることもありますが、近視が中等度以上ある場合は、近視がきちんと矯正されるまでに日数が必要がかかることが多いです。


コンタクトレンズが初めてということもあり、異物感が多かったので、装用し続けられるかを心配していました。今回は、当院のオルソケラトレンズを貸出しして、しばらく装用してもらうことにしました。

topo 2日後
これは
2日後の角膜形状検査の結果です。中心部の矯正量が増えています。中心部分で近視矯正量がやや少ないのが気になります。これで裸眼視力0.2 近視の度数は-1.0でした。


topo 1週間後
1
週間装用した後の角膜形状検査の結果です。中心部分はしっかりと矯正されていることが分かります。これで裸眼視力は1.2 近視の度数は-0.5でした。普段の生活では全く困らない視力になりました。当初はゴロゴロが強かったのですが、だんだん慣れてきたそうです。


近視をおさえる治療 その2 特殊コンタクトレンズ(オルソケラトロジー)

2013.05.13

本日は
白内障手術5件
眼窩脂肪ヘルニア手術1件
結膜のう形成術1件
を行いました。
結膜のう形成術の方が明日流涙が止まっているか気になります。
涙点を塞いでいた涙丘も少し切って小さくしました。

近視をおさえる治療 その2 特殊コンタクトレンズ(オルソケラトロジー)

 

今回は、近視の進行を抑える効果がわかってきた、特殊コンタクトレンズ(オルソケラトロジー)について説明したいと思います。

 

オルソケラトロジーとは、オルソケラトロジーとは、 特殊な形のコンタクトレンズをつけることで 角膜の形状を変えて、近視を軽くするという方法です。 軽度から中等度の近視に効果があります。 コンタクトレンズを夜寝る前につけて、つけたままで寝ます。

昼間はコンタクトレンズをはずしても近視を矯正した状態を 維持することができます。


図2

オルソケラトロジーが近視進行を抑える理屈は結構難しいです(読み飛ばしてもらって結構です)

学童期に近視が進行する原因として、周辺部網膜におけるピントのずれが注目 されています。周辺部網膜でピントがずれると目の奥行(=眼軸)が伸びて近視が進むという体の仕組みになっています。 オルソケラトロジーは、角膜の形状を変えることで、周辺部網膜のピントのズレを軽減することができます。

図4

では、どのくらい近視進行をおさえるかというと、大体下の表のようになります。

 

図3

大体3割程度近視を抑えると思えば良いようです。逆に言うと、7割は進んでしまいます。近視が10進むところが7で済むということですね。オルソケラトロジーを使用すると「全く近視が進まなくなる」と考えてはいけません。

 

問題点は1番は値段です。自由診療なので、各クリニック毎に値段が違います。両目で10から30万円程度かかりますし、診療費も自費になってしまいます。