もりや眼科

ブログ

オルソケラトロジーを試した方の経過2(乱視のある方)

2013.09.09

本日は白内障手術5

翼状片手術2件を行いました。
みなさん無事に終わりました。


オルソケラトロジーを試した方の経過2(乱視のある方)


オルソケラトロジーは角膜乱視の多いかたには適応がありません。

角膜乱視については、以前の記事を参考にしてください。


オルソケラトロジーのレンズが角膜の表面で安定しないからです。従来のオルソケラトロジーでは、1
D以上の角膜乱視のある方には適応になりませんでした。


今回は、1Dを超える方の経過です。

眼鏡なしの視力は0.1 近視の度数は-2.25でした。角膜乱視が1.65Dあるので、オルソケラトロジーの適応になるかどうかが気になりました。

使用前

角膜の形を見ると、 上下方向のカーブが強い(黄色)ことがわかります。上下方向のカーブが強いという事は、レンズが上下にパタパタ動いてしまう可能性があります。ですから、従来のオルソケラトロジーではレンズが安定しません。
最近発売した「オルソKプレミアム」は、2Dまでの角膜乱視のある方に、角膜の形状にあわせたオルソケラトロジーを作成できるというものです。「プレミアム」という名前がついていますが、値段は従来と変わりません。ですから、この方はオルソKプレミアムの良い適応です。(乱視のある方にも装用できますが、乱視は減らさないとされています)



コンタクトをつけて1時間様子をみたところ、下のようにきちんと近視が矯正できました。

使用後
これは、コンタクト使用前後の比較です。中心部分が濃い青色になっていて、きちんと角膜の中央で近視が矯正されていることを示しています。裸眼視力も
0.5まで増えていました。

おそらく1晩使用すればかなり近視が減ることでしょう。





オルソKプレミアム
http://www.ortho-keratology.net/assets/files/pdf/ortho-k-premium.pdf



クレジットカードやPaypayなど
複数のお支払いに対応しております。

送迎バスが運行しており、手術前後に
安心して通院いただけます。

当院のご予約は
お電話・WEBにて承っております。

Facebook
WEB予約