近視を治す手術(有水晶体眼内レンズ:ICL)当院での治療経過

2015.10.20

本日は白内障手術11件行いました。(乱視用レンズ2件)

無事に手術が終わりました。

近視を治す手術(有水晶体眼内レンズ:ICL)当院での治療経過

 

 

 

 

近視を治す手術というとレーシックが一般的です。レーシックは矯正の精度がとても良いことが素晴らしいのですが、一方で近視が強すぎる人にはあまり向いていません。角膜を多く削ることになるため、近視を矯正できる量に限界があります。そういう方に向いているのが「有水晶体眼内レンズ手術」です。

眼内コンタクトという言い方をする人もいるのですが、コンタクトレンズと同じような度数のレンズを目の中に入れてしまおうというものです。実際に使用するレンズはこんな形をしています。

 

icl_2_1

レンズの中心に穴があいています。この穴は視力に影響が無いように工夫された大きさなんだそうです。また、この穴のお蔭で目の中の水の流れをせき止めることが無くなります。

手術の方法は下の図のとおりです。レンズはペラペラなので、3ミリという小さな傷で手術ができます。

icl_3

 

この手術を行うには認定を受ける必要があって、今回当院ではその認定を取得しました(栃木県では初めてだそうです)

当院で手術を行った方の経過です。

30代女性の方です。手術前は-6Dというとても強い近視でした。近視が強いので、メガネがないと本もよく読めませんでした。

今回手術後1週検査に来院されました。その時の視力なのですが、

RV = 1.5(2.0×C-0.50D Ax 25)
LV = 1.2(1.5×S-0.25D)

分かりやすく言うと、右目はメガネなしで1.5 メガネを付けると2.0.左眼はメガネなしで1.2、メガネを付けると1.5の視力がでました、という事です。ご本人はメガネのない生活ができてとても喜んでいました。