黄斑前膜に対する硝子体手術

2014.12.23

 

本日は白内障手術10件行いました。

皆さん無事に終わりました。これで今年の手術は終了です。

 

黄斑前膜に対する硝子体手術

黄斑前膜(おうはんぜんまく)とは、網膜の中心部分である黄斑に膜が張ってしまう病気です。黄斑に出来た膜は、時間とともに縮む性質があるため、黄斑にシワが出来てしまいます。そうすると、変視症(ゆがんで見える)や視力低下の原因になります。

正常網膜

上は正常の黄斑のOCT画像です。黄斑の中心は、矢印のようにくぼんでいます。

 4111黄斑前膜

 上は黄斑前膜のOCT画像です。赤い矢印の部分に膜が一枚ありますが、これが黄斑前膜です。黄斑前膜によって、その下にある黄斑にシワができています。また、黄斑の中心にあるはずのくぼみも無くなっています。この方は、この病気によって矯正視力が0.6まで下がっていました。

4111黄斑前膜術直後

上は硝子体手術を行った後の写真です。黄斑の表面にあった黄斑前膜が完全になくなっています。視力は無事に1.0まで回復しましたが、黄斑のくぼみはまだできていません。黄斑前膜によって一旦網膜にシワが出来てしまうと、手術を行って黄斑前膜を綺麗にはがしてもシワが完全に伸びないこともあります。

手術をしてどのくらいの視力になるのか、手術の前に良く説明しなくてはなりません。

・黄斑前膜によるシワが多い

・黄斑前膜になっていた期間が長い

・黄斑前膜によって視力が落ちている

このような条件があると、視力が回復しにくい傾向にあるようです。黄斑前膜になってから早い時期(半年位)だと視力が上がりやすいように思えます。しかし、黄斑前膜は放置しておくとだんだんシワが増えて視力をさらに下げることがあるので、黄斑前膜になって時間が経っていて視力が上がりにくいと予想されていても手術を行うこともあります。

黄斑前膜の症状の一つは変視症なので、歪み方を調べるためにアムスラーチャートを用います。

4111アムスラー

このような格子模様を診てもらうと、どこがどのくらい歪むのかが分かります。片目ずつ、格子の中心の点を見てもらい、どこが歪むかを記していきます。

先ほどの人は視力が1.0まで回復しましたが、上の図のとおり歪みは少し残っています(術後2か月)。術後半年から1年くらいかけてゆっくりと歪みが減ることがあります。