視野について

2012.08.10

いよいよお盆のじきですね。当院も来週月から水曜日(8月13-15)までお盆休みをいただきます。

視野について

 

今日は視野について説明したいと思います。

 

時々サッカーの試合を見ていて思うのですが、プロのサッカー選手はとても広い範囲が見えています。本人の顔の向きと違う方向に的確にパスをしたり、後ろから来た敵をかわしたりします。

ただし、人間の見えている範囲(視野)は左右で180度程度と決まっています。プロのサッカー選手も視野の広さは同じです。人間は両目とも正面についているので、構造上これ以上はあまり大きくなり得ないようです。それに対して、羊の視野はとても大きく、300度以上に及ぶこともあります。これは、羊の目が横向きについているためです。

 

人間は視野が狭いぶん、両目で見える範囲が広いです。両目でモノを見ると、立体的に見ることができるというメリットがあります。それに対して羊は広い範囲見えますが、立体的に見える範囲はとても少ないのです。

 

緑内障という病気は、視野が狭くなる病気です。

正常な人であれば、下の図のように視野は広いのですが、

53

 

視野の欠け方は十人十色ですが、緑内障の進行とともに、視野が少しずつ狭くなってしまいます。

 
29

 

緑内障の末期になると下の図のように、ごく狭い範囲しか見えなくなります。

 
31
 

 

しかし、緑内障の末期の患者さんでも視野が狭くなったと気づかないことがあります。何故かというと、目をきょろきょろ動かりたり、顔をまわすことによって色々な方向に目を向けることができるからです。

 

プロのサッカー選手の視野が広いのは、目や顔を頻繁に動かして広い視野を確保しているのでしょう。

 

当院では緑内障の患者さんに対して視野検査を行います。当院では視野計のなかで一番歴史のある「オクトパス」という製品の最新のものを導入しています。

視野計

 

青い部分に顔を乗せると、片目7分程度で視野を計測してくれます。

どのようにして視野を計測するのかは、また後日紹介したいと思います。

 

小山市 結城市 筑西市 栃木市 下野市 古河市 栃木市 白内障手術 緑内障手術 もりや眼科