白内障はいつから生じる?

2012.09.17

白内障はいつから生じる?



外来をやっているとよく聞かれることがあります。

「私は白内障があるのでしょうか?」

70歳に近くなると、周囲で白内障手術をする人が増えるので、ご近所同士で白内障手術の話題がでるのだと思います。



しかし、実際には白内障自体は20代位から少しずつ出てきているのです。ですから、6070代のを診察すると、間違いなく全ての方に白内障がある、ということになります。



下の写真、左は中学生の方の水晶体です。水晶体の核は全く黄色くなっていません。また、核が透明なため、どこが核なのかもはっきり見えません。

それに対して、右は70の方の白内障です。どこに水晶体の核があるか、よくわかります。また、奥の方が黄色っぽくなっているのもわかります。

(核については以前のブロクを参考にしてください)

若い人の水晶体核白内障

ただ、実際には、「あなたは白内障がありますよ」と言うとかなりショックを受けるかたもいらっしゃいます。もちろん白内障で視力が下がっていたり、手術が必要な方にはそう伝えなくてはなりません。
しかし、白内障が軽度で視力がとても良い場合は「病気」としてみなす程ではないと考えられます。ですから、「あなたは白内障はありませんよ」とお伝えすることにしています。

小山市 結城市 筑西市 栃木市 下野市 古河市 栃木市 白内障手術 緑内障手術 もりや眼科