もりや眼科ブログ

森谷充雄の眼科ブログ

月別 アーカイブ: 2018年10月

もりや眼科 平成30年10月の手術実績

2018.10.25

もりや眼科 平成30年10月の手術実績

まだ月末ではないのですが、今月予定している手術はすべてこなしました。来週1週間は私は不在にしております。院長の診察を希望される際には、11月6日以降で予約をお願いいたします。

 白内障手術  70件(うち多焦点眼内レンズ5件)

ICL(近視矯正手術) 6件

硝子体手術 12件

結膜弛緩症手術 件

緑内障手術(繊維柱体切除術・流出路再建術) 2件

涙道内視鏡を使用した涙管チューブ挿入術 4件

後発白内障に対するレーザー治療 13件

閉塞隅角緑内障に対する虹彩レーザー切開術 5件

ボトックスによる眼瞼痙攣治療 2件

翼状片切除術 6件

網膜光凝固術 8件

霰粒腫摘出術 1件

今月は月曜日の祝日が無くて、木曜日にも半日手術を行ったので、多くの手術をこなすことが出来ました。最近多焦点レンズを良く使用するようになってきたのですが、満足度の高いレンズでとても好評です。


もりや眼科 平成30年9月の手術実績

2018.10.22

もりや眼科 平成30年9月の手術実績

 白内障手術  42件(うち多焦点眼内レンズ10件)

ICL(近視矯正手術) 1件

硝子体手術 5件

眼瞼下垂症手術 4件

結膜弛緩症手術 1件

緑内障手術(繊維柱体切除術・流出路再建術) 3件

涙道内視鏡を使用した涙管チューブ挿入術 3件

後発白内障に対するレーザー治療 19件

閉塞隅角緑内障に対する虹彩レーザー切開術 4件

ボトックスによる眼瞼痙攣治療 1件

翼状片切除術 1件

網膜光凝固術 5件

霰粒腫摘出術 1件

9月は毎年月曜日の休みが2回続くので悩ましい所です。木曜日の午後を使って手術を行いましたが、なかなか手術の待ちが短くなりません。10月は結構手術を頑張っているので、少しは手術待ちが減らせるかなと思います。

 


糖尿病網膜症の健診は大事

2018.10.22

本日は白内障手術12件と

ICL手術(近視矯正手術)2名4眼を行いました。みなさん無事に手術を終えました。明日の視力検査が楽しみです。

昨日は新小山市民病院で白内障の講演会を行いました。単調になりやすい話をいかにして楽しく効いてもらうか、色々工夫をしました。50人くらい集まって思ったよりも盛況でしたが、恐らく来場者は楽しんでもらえたかなと思います。手術費用の話しはなかなか聞くことが無いと思うのですが、折角手術を受けるならお得に受けてほしいと思います。当院はあまり広くないのでこういった講演会をするスペースが小さいのですが、今後は定期的に行いたいと考えています。

糖尿病網膜症の健診は大事

先月、当院で「見えにくくなった」と言って50代の方が来院されました。1か月前に健診で引っかかって「眼科に行くように」と言われて、それでもすぐには眼科を受診しなかったようです。

実はこの方は6年前に当院を受診していて、その時は眼底はきれいでした。それなのに、今回は下の写真のように・・・

網膜症がかなり活発になっていました。特に、黄斑という大事な部分が傷んでしまっていて、矯正視力(眼鏡をかけた視力)が0.3しか出ていませんでした。

OCTで黄斑の断面図を見ると、むくみが生じていました。

今月硝子体手術を行って、浮腫はやや改善しています。何とか失明を食い止められたら良いのですが。

内科のチェックや、眼科のチェックが2012年から今までの間のどこかで出来ていればこんなことにはならなかったと思うのですが、、もったいないです。1か月前の健康診断で指摘されてからすぐに当院に来ていたら、もう少し視力が温存出来ていたかもしれません。

 

 

 


結膜の水ぶくれ(結膜水腫:けつまくすいしゅ)

2018.10.15

先週土曜日、今日と併せてですが

ICL 2眼(1名)

白内障手術 30件(うち多焦点レンズ1名、乱視用レンズ4名)

硝子体手術 12件

糖尿病網膜症の重症例や、水晶体の固定の悪い症例がありましたが、皆さん無事に手術が出来ました。

結膜のみずぶくれ(結膜水腫)

保険請求関係の仕事が突然出てきてしまったので、最近睡眠時間を削っています。しかも、9月は月曜日祝日が2回あったので、さらに手術件数がたまってしまっています。極力早期に手術ができるように頑張ります。9月分の手術件数集計も、もう少し落ち着いたら行います。

以前ブログで結膜水腫についてやったせいか、ここ最近も数名診るようになりました。本日も1名来院されました。これに慣れていないドクターの場合、針で刺すだけで処置を終えたりします。その場合は大抵再発してしまいます。処置を行うときには大きめに切開したり、水ぶくれ自体を取ったりします。当院ではいまのところ再発例はありません。

ただ、無理にとる必要も無くて、気にならないならそのままそっとしておくことをおすすめします。写真の方も現時点では経過観察してもらっています。


ICL手術後半年の経過

2018.10.01

本日は白内障手術14件、翼状片手術3件実施しました。無事に手術を終えました。

ICL手術後半年の経過

当院のICLの記事が良く見られている様なので、かなり前に手術をした症例を振り返りました。約3年前に手術をした方が2名いて、そのうち1名は術後2年目の検診から来なくなってしまった(視力は1.5でした)が、もう一人は2年目の検診に来てくれました。もうすぐ3年目の検診で来てくれるはずです。

この方ですが、40代前半のトラック運転手

手術前両眼ともに-13Dのとっても強度な近視がありました。

手術前裸眼視力 右0.03 左0.04でした。

手術後(当日)右0.5 左0.5(ピンホールレンズを使用すると右1.2 左1.5)

術後3日目 右1.0 左1.2

1年目 右2.0 左1.2

2年目 右1.5 左1.2

レフと呼ばれる近視や遠視の度合いが手術後殆ど0のまま手術後2年間安定していました。レーシックは手術後近視が徐々に戻ると言われているのですが、ICLはそれがありません。

この方夜間運転することが多いようですが、ICL特有の合併症である光輪はあまり気にならないと言う事でした。

私は手術を行って1年半たちますが、特に問題なく生活出来ています。手術を受けたのが懐かしいです。(下のリンクは体験記です)https://www.moriyaganka.com/blog/icl%e6%89%8b%e8%a1%93%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e2%91%a0.html/

最近3件ほど申し込みがありました。快適な視力が出るよう頑張ります。