もりや眼科ブログ

森谷充雄の眼科ブログ

月別 アーカイブ: 2021年2月

森谷院長 ICL手術を受けて4年がたちました

2021.02.25

ふと気が付いたら自分がICL手術を受けて4年が経ちました。

4年前はスパルタスロン、UTMBという2大レースに向けて燃えていたところでした。

結果としてICL手術を受けて、快適ランニングができるようになり、両レースとも無事に完走することが出来ました。また、これがご縁でICLの手術を多く手掛けるようになりました。

さて、今日節目の日に視力検査を行いました。

下がその結果なのですが、簡単に言うと両眼とも眼鏡なしで1.5の視力でした。寝スマホで少しぼやける(老眼)感じがするようになってきたものの、快適眼鏡なし生活を送っております。手術をしていただいた吉野先生には今でも感謝しております。

吉野眼科クリニック


もりや眼科 2021年2月の手術実績

2021.02.25

もりや眼科 2021年2月の手術実績

 白内障手術  105件 (うち多焦点レンズ1件) 

網膜硝子体手術 10件

ICL(近視矯正手術)14件

眼瞼下垂手術 10件

眼瞼内反症手術 4件

翼状片手術 1件

霰粒腫摘出術 1件

網膜光凝固術 2件

ボトックス治療 件

涙道内視鏡を使用した涙管チューブ挿入術(なみだ目の治療) 3件

2月に緊急事態宣言が解除されました。もりや眼科では1月から自動精算機を導入するように準備をしていて、2月中旬ころから稼働するようになりました。ちょうど緊急事態宣言が解除されるタイミングだったので、混乱すると困ると思いました。しかし、実際に自動精算機が入ったら意外とスムーズに導入できました。患者さんも「他のクリニックで使ったことがある」「スーパーが自動精算機になってた」とのことで、特に問題ないのかなと思います。患者さんの待ち時間を減らす有効なアイテムになると思います。

また、以前告知しましたが、ICLインストラクターの証明書が送られてきました。当院は東日本で5本の指に入るくらいのICLをやっているそうです。今後も良い結果が得られるよう頑張りたいと思います。そういえば、今月で私がICL手術を受けて4年になりました。先ほど検査を行いましたので、これもアップしたいと思います。

ホームページも現在工事中、他にも白内障の無料説明会も準備中です。頑張ります!

 

 

 

 

 


ICLインストラクタに認定されました

2021.02.20

本当はコロナが無かったら昨年3月の4th APAC EVO Visian ICL Experts Meetingでもらうはずだった、ICLインストラクターの額が送られてきましたので、検査室に飾ることにしました。もともとは白内障専門医でしたが、最近はICLの症例数が増えて全国でもトップレベルの手術件数をこなすようになりました。安心して手術を受けていただけるよう、今後も精進したいと思います。


手術後アンケート

2021.02.20

隔週で恒例のアンケートです。今回も沢山アンケートをいただきました。

手術時は小さいながらも傷が目につきますし、消毒のせいで目の表面が荒れることがあります。

また、術後点眼の影響で目の表面が荒れることもあります。ゴロゴロが続く場合は角膜保護の点眼を行います。


自動精算機がはいりました。

2021.02.16

もりや眼科に自動精算機がはいりました。本当は緊急事態宣言で患者が減っているときに合わせたつもりが、栃木県は緊急事態宣言解除されてバタバタしてしまいました。これで少しでも患者さんの待ち時間が減ると良いですね。今後はネット予約もできるようにしようと思いますので、少しでも利便性が良くなればと思います。

 


手術後アンケート 多焦点レンズが合わない方

2021.02.03

今回のアンケート結果はあえてうまくいかなかった方を掲載してみます。

白内障手術において多焦点レンズ、特に最新式の3焦点レンズはとても満足度の高いレンズだと思うのですが、一方で数パーセントの方で「レンズがあわない」という現象を経験します。

予めその点は良く説明しておりますので、このアンケートのようにレンズが合わない方については良く話し合いをしたうえでレンズ交換を実施します。

この方は1月21日に右眼3焦点レンズの白内障手術を行い、裸眼0.8,矯正1.2と視力は良好でしたが「なんとなく見づらい」というお話をされておりました。アンケートはこの時いただいたものです。1月30日に単焦点レンズへの交換を実施しました。

2月2日に診察を行ったところ、裸眼・矯正ともに1.2で、非常に喜んでおりました。もちろん、近方は眼鏡が必要になるとは思います。

多焦点レンズの白内障手術を多く扱う施設は多いですが、一方できちんとフォローできていない施設も多くあるように思います。当院は無理に多焦点を勧めることもしませんし、術後のフォローもしっかり行っております。

 


もりや眼科 2021年1月の手術実績

2021.02.03

もりや眼科 2021年1月の手術実績

 白内障手術  102件 (うち多焦点レンズ8件) 

網膜硝子体手術 10件

ICL(近視矯正手術)10件

眼瞼下垂手術 6件

眼瞼内反症手術 1件

翼状片手術 1件

霰粒腫摘出術 2件

網膜光凝固術 5件

ボトックス治療 4件

涙道内視鏡を使用した涙管チューブ挿入術(なみだ目の治療) 4件

涙点プラグ挿入術(ドライアイの治療) 8件

年明けから栃木県も緊急事態宣言に含まれるようになりました。この週末で解除されるようなのですが、帰宅時の小山市は真っ暗になってしまいました。その影響もあって、1月後半から受診患者が少し減っています。この機会に、と思って自動精算機の導入を行うことになりました。はじめのうちはご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願い致します。