いろいろな緑内障(落屑症候群による緑内障(落屑緑内障): PE glaucoma)

2012.10.11

いよいよ来週、当院で「入院による白内障手術」を行います。
「手術したいが家族がいないので、入院したい」という声を良く耳にしていました。
近隣の病院で入院していただき、当院スタッフが送迎をするという形になります。
思ったよりも大きな反響があり、早速来週は2名行います。
これについてはまた当ブログで紹介したいと思います。

いろいろな緑内障(落屑症候群による緑内障(落屑緑内障)
: PE glaucoma

 

緑内障にもいくつかタイプがあります。先日解説した閉塞隅角緑内障もそうですが、今回は「落屑症候群による緑内障」を説明したいと思います。落屑症候群というのは、目のなかにフケやチリのようなものが生じたものをいいます。チリは水晶体の表面についたり、瞳孔についたりします。

 24

瞳孔が白くなっているのが分かるでしょうか?これが落屑物質です。

落屑症候群の方では、落屑物質は房水のなかを漂っています。この落屑物質は房水の出口を塞ぐことがあり、そのために眼圧が高くなります。落屑症候群の方は、房水の出口の塞がり具合で眼圧が変化しやすいという特徴もあります。外来で眼圧を測るたびに異なる眼圧が計測されることがあります。

 房水の出口

この疾患になる人は地域性があることが知られています。外国では特にアイスランドで多いことが知られており、日本でも九州で多いと言われています。ちなみに、小山市ではあまり多くない印象です。

 

治療方法としては、通常の緑内障と同様に眼圧を下げることが有効です。ただし、通常よりもやや緑内障が進みやすいことを念頭において治療をすすめる必要があります。

また、白内障の手術が難しいこともあるので、注意が必要です。


小山市 結城市 筑西市 栃木市 下野市 古河市 栃木市 白内障手術 緑内障手術 もりや眼科