もりや眼科

ブログ

白内障手術希望で来院された方の流れ①白内障があるのかどうか

2013.10.28

今日は白内障手術9件(乱視用レンズ3件)
翼状片手術1件
硝子体手術1件
無事に終わりました。
以前から、白内障関係の記事を網羅的に書きたいと思っていたので、また少しずつ書いていきたいと思います。時々お電話やメールで「参考になりました」と言われるようになりました。

白内障手術希望で来院された方の流れ①

 

 

 

白内障手術希望の患者さんが来院された場合、確認しなければならないことがいくつかあります。

 

 

 

①白内障があるのかどうか

②白内障以外に視力を下げるような病気がないか

③無事に白内障手術ができそうか

 

 

 

これらの検査で問題なければ、手術の申し込みができます。検査の細かい内容は眼科によって異なると思いますが、当院での場合について書いていきたいと思います。

 

 

 

①白内障があるのかどうか

 

 

 

白内障が無い目に白内障手術しても視力が上がるはずはありませんので、大事な検査です。診察室で目をみれば白内障があるかどうか一目瞭然です。しかし、突き詰めると結構難しくもあります。

白内障は水晶体が濁る病気ですが、水晶体全体が一様に濁るわけではありません。以前、白内障もいろいろ種類があることを話しましたが、視力を下げやすい白内障や、視力が下がりにくいけども眩しくなりやすい白内障があります。

核白内障 
皮質白内障
極端に言うと、水晶体のなかで少しでも光の通りみちがあれば視力がでます。
(針の穴から外をみる感じです)また、水晶体の中心が濁ると、少しの濁りでも視力が下がってしまいます。

我々眼科医は、白内障手術をしてよく見えるようになってもらって喜んでもらおうと思っていますから、「手術をしてどのくらい視力が上がりそうか=白内障でどれだけ視力が下がっているか」という見積もりをたてています。それを踏まえたうえで「あなたには白内障手術をお勧めします」とか、「まだ手術には早いのではないでしょうか」と伝えたりします。

 

 

クレジットカードやPaypayなど
複数のお支払いに対応しております。

送迎バスが運行しており、手術前後に
安心して通院いただけます。

当院のご予約は
お電話・WEBにて承っております。

Facebook
Instagram
WEB予約